<ちょっぴりお知らせ> 2011.11.12
ブログのデータベースを吹っ飛ばしてしまったので、サイトの更新ができなくなりました。
4年のデータが全て消えてしまうという、素晴らしい体験です・・・。ちょー残念ですな・・・。
新たにブログを構築しましたので、下記のURLより移動をお願い致します。
http://type-y.com/blog/




2011年11月11日は ポッキー(Pocky)& プリッツ(PRETZ)の日

pocky_20111111.jpg
毎年11月11日は「ポッキー&プリッツの日」ですよ。
そんな訳で、ポッキー系をちょっぴり買ってみた。
全部で900円ぐらいです。財布にお金がなくてレジで慌てたという罠。 (ぇー

今年は、ポッキー・チョコレート、ポッキー・SALTY、つぶつぶいちごポッキー、アーモンドクラッシュポッキー、ポッキー・ホワイト&ショコラ、ポッキー・カスタード&オレンジです。
ポッキー・極細は残念ながら売り切れていました。

「おいしさは進化する」と書かれていますが、いつも同じ味ですよねー。
まぁ普通においしく外れないと言う意味での進化?なのかも。

さて、せっかく購入したポッキーなので、晩ご飯代わりに頂きますか。

ポッキーショックポッキーショック

メガハウス 2005-01-30
売り上げランキング : 901

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| コメント(0) | トラックバック(0) |

au版 iPhone 4Sのパッケット代 396万円は結局 4980円の定額適用らしい

http://twitpic.com/7cc15n
443979995.jpg
少し前にtwitterで話題になっていたauの高額請求。
パケット定額が適用されずに3,960,556円の振込用紙が届いていたようですが、結局の所、おおよその予想通り救済措置のようです。

AUのパケ代400万請求は結局4980円の定額適用で一件落着:平凡でもフルーツでもなく、、、:ITmedia オルタナティブ・ブログ

う~む、パケット定額な限り、使わなきゃ損ですよねー。
頑張って使おうとはしていますが、私の使っているWindows Mobileは出番が少ないので・・・。
残念。

来年6月に解約できるので、それ以降はiPhoneに乗り換えて見ようかと計画中。
まぁ、その頃のは新型の噂があると思うので、実際に替えるかは微妙ですが。

| コメント(0) | トラックバック(0) |

Visual C#の XPathで XMLを分解するには XmlNamespaceManagerがいるみたい

3日ぐらい悩んだのでメモ。
Yahoo!知恵袋Web APIを使用してみようと思ったけど、XPathにそのまま読み込ませてもXMLが生成されずに0件で利用できませんでした。
色々と調べてみると、XmlNamespaceManager を使用した名前空間の管理と言う記事に引っかかり解決。

XmlNamespaceManager 1.png
やろうとしていた事はこんな感じで、右のtextBox1にある文字列を、必要な物だけ左のtextBox2に移動してみたいという物。
使用したXMLファイルは「ヒキコモリ」で検索した結果です:questionSearch.xml

まずは何も考え無しに、下記のようなコードを書いて実行。

string XMLHTML = textBox1.Text;
XmlDocument xmlDocument = new XmlDocument();
xmlDocument.LoadXml(XMLHTML);
XmlNodeList nodeList = xmlDocument.SelectNodes("/ResultSet/Result/Question");

名前空間無しならこれでも取得できるんですが、名前空間があるとこれを実行しても、まったくもって結果は手に入りませんでした。

そのためXMLより名前空間を目視で確認。XPathで使用する際は、XmlNamespaceManagerでマッピングしてあげればいけるとか。
Yahoo!知恵袋の場合は下の赤い奴になります。

<ResultSet xmlns="urn:yahoo:jp:chiebukuro" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:schemaLocation="urn:yahoo:jp:chiebukuro:questionsearch http://chiebukuro.yahooapis.jp/Chiebukuro/V1/questionSearchResponse.xsd" totalResultsReturned="10" totalResultsAvailable="227" firstResultPosition="1">

これをコードに組み込んであげれば、XPathでXMLを分解できます。

string XMLHTML = textBox1.Text;
XmlDocument xmlDocument = new XmlDocument();
xmlDocument.LoadXml(XMLHTML);
XmlNamespaceManager NsManager = new XmlNamespaceManager(xmlDocument.NameTable);
NsManager.AddNamespace("xsi", "urn:yahoo:jp:chiebukuro");
XmlNodeList nodeList = xmlDocument.SelectNodes("/xsi:ResultSet/xsi:Result/xsi:Question", NsManager);

XmlNamespaceManager 2.png
実行すると意図したとおりに動き、ようやく私でも料理できる感じになりました。
作成したソース一覧はこちら:Form1.cs

たったこれだけの事なんですが、頭悪いのでかなり悩みました。
作業用BGMをかけたら壮大すぎて作業どころじゃ無かったのもありますが。 (ぇw
次はASP.NETあたりに挑戦予定です。ただし予定は未定です。

プログラムを作ろう! Microsoft Visual C# 2010 入門 (MSDNプログラミングシリーズ)プログラムを作ろう! Microsoft Visual C# 2010 入門 (MSDNプログラミングシリーズ)
池谷 京子

日経BP社 2010-11-11
売り上げランキング : 97292

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| コメント(0) | トラックバック(0) |

漫画「ブラック★ロックシューター イノセントソウル 01巻」を買ってきた

DSCF4733.jpgDSCF4734.jpgDSCF4735.jpg
タイトル買いです。
つー事で、コミックブラック★ロックシューター イノセントソウル (1) (角川コミックス・エース 279-2)を買ってみたー。
紀伊國屋書店梅田本店にて588円です。

タイトル的に、ボーカロイド初音ミクの曲からのスピンオフみたい。

他にもゲーム化やらアニメ化などもされているようですが、とりあえず漫画版を購入。

DSCF4736.jpgDSCF4737.jpgDSCF4738.jpg
ハザハという世界で、主人公の女の子ロックと遣い魔ロンが「ヨドミ」の魂を回収していくという物語のようです。出会った人はヨドミの魂で、殺されたり自分が倒したり。
ロックもブラックスターになる前はいじめられていた過去があったり、かなり暗めの内容です。
感情が乏しいロックが、人々とのふれあいで感情を取り戻していく話なんですかね?

正直、あんまり面白くないというのが感想だったりします。
歌の歌詞とストーリーがリンクしているんでしょうけど、言葉通りに受け取らず、もうすこし明るい感じに出来なかったのかなぁという感じです。
ん~、ゲーム版もアニメ版もこんな感じなんですかね?
漫画が面白かったら買おうかと思っていたんですが、かなり躊躇してしまいますな・・・。

ブラック★ロックシューター イノセントソウル (1) (角川コミックス・エース 279-2)ブラック★ロックシューター イノセントソウル (1) (角川コミックス・エース 279-2)
鈴木 小波 huke

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-11-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| コメント(0) | トラックバック(0) |

UnicodeのRLOを悪用したウイルス「RLTrap」が凄い件

Unicodeの制御文字を使いファイル名偽装、ウイルス「RLTrap」検出報告5万件 -INTERNET Watch

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は4日、「RLTrap」というウイルスの検出報告が9月に約5万件寄せられたと発表した。同ウイルスで使われているファイル名を偽装する手口を紹介し、注意を呼び掛けている。
ファイルの拡張子を偽装して実行ファイルではないように見せかけるなど、ファイル名を偽装する手口は以前から存在しており、IPAによれば2006年ごろにはすでに確認されていたという。
今回、大量に検出報告があったRLTrapでは、Unicodeの制御文字である「RLO(Right-to-Left Override)」を使うことでファイル名を偽装する。制御文字とは、文字コードで定義される文字だが、画面には表示されず、プリンターや通信装置などを制御するために用いられる。RLOは、文字の並びを右から左に変更するためのもので、アラビア語などを使う際に用いられる。
(以下略)

UnicodeのRLOを悪用したウイルス「RLTrap」が面白いかも。
久々に感心したニュースです。
世の中には頭のいい人もいますね。

そんな訳で、自分でもRLOの文字反転を早速試してみました。

Unicode RLO RLTrap notepad 1.pngUnicode RLO RLTrap notepad 2.png
まずはWindowsXPを起動して、メモ帳を実行。
メニュー[書式]の[フォント]を開いて、フォントが「FixedSys」なのを確認します。
次にメモ欄を右クリックし、「Unicode制御文字の挿入」にある「RLO Start of right-to-left override」を選択。

Unicode RLO RLTrap notepad 3.png
そうするとこのように半角スペースのような物が表示されます。
これがRLO制御文字で、この文字以降の分が右から左に表示されるようになります。

Unicode RLO RLTrap notepad 4.png
例えば、「hoge fdp.txt」の用に書いてみて、これをファイル名として保存。

Unicode RLO RLTrap notepad 5.png
保存したファイルをWindows上で見てみると、「hogetxt.pdf」という感じで、実際はテキストファイルのままでも、ぱっと見はPDFファイルに見えてしまいます。
これがEXE形式の実行ファイルでアイコンまで偽装されてた日には・・・、普通に踏んでしまいウイルス感染間違い無しですな。

いや~、これは面白い。
見た目の拡張子にとらわれると、痛い目に遭う事もあるんですねぇ。
2006年ごろからはあったらしいですが、今までお目にかかる事がありませんでしたよ。
こういう物もあるという感じで気をつけておかねば。

Unicode標準入門Unicode標準入門
トニー グラハム 関口 正裕

翔泳社 2001-05
売り上げランキング : 466940

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| コメント(0) | トラックバック(0) |