電力線通信を提供 KDDI・NTT東 家庭向けに

KDDIやNTT東日本は電源コンセントを通じてインターネット接続が出来る電力線通信(PLC)サービスを始める。壁などにすでに埋め込まれている配線を利用し、大掛かりな工事なしで高速ネットワークを作れる。家庭用光ファイバー通信(FTTH)の追加サービスとして提供する。大手通信会社がサービスを手がけることはPLCの国内普及のきっかけになりそうだ。
KDDIは二十八日、光回線サービス「ひかりone」を利用している戸建て住宅向けにPLCと同軸ケーブルを組み合わせた家庭内通信サービスを提供すると発表した。PLCに必要なモデムはパソコン周辺機器メーカー、アイ・オー・データ機器の製品を十二月九日から代理販売する。パソコンと電源コンセントの間にモデムをつなげば、毎秒八十メガ(メガは百万)ビット程度の高速通信が出来る。
PLCに加えて、テレビアンテナから各部屋に映像を流す同軸ケーブルを利用した家庭内通信サービスも来年初頭から始める。高速インターネットのほか、映像受信装置(セットトップボックス)と組み合わせれば同社がひかりoneの一環として提供している多チャンネルテレビを複数の部屋で楽しむことも出来る。モデムは二台セットで月額八百四十円でレンタルする。
NTT東は年内をめどにPLCモデムの販売を始める。対象はひかり回線サービス「Bフレッツ」の利用者で、価格は二台で二万円前後となる見込み。同社Bフレッツの利用者数は十月末の時点で約二百七十万人。

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/5

コメントする