台湾新幹線の開業式を中止 交通部、運行に不安も

日本の新幹線システムで台湾の台北−高雄間を結ぶ「台湾新幹線」の事業会社、台湾高速鉄路は二十九日、十二月七日に予定していた開業式典を取りやめると発表した。新たな日取りは明らかにしていない。交通部(交通省)が二十八日、安全上の配慮から開業を許可するには少なくとも十二月下旬まで試運転を継続する必要があるとの判断を下したため、台湾高鉄は延期を余儀なくされた。
既に日本側の政財界要人らにも開業式典への案内状を発送していた。

| コメント(3) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/8

コメント(3)

type Y様ようこそおいでくださいました。
まずいプロジェクトの代表例のようになってしまいましたね。
11月に台湾訪問した際には新幹線に乗れるものと思っていました。
これでは来年3月か4月の開業でしょうね。

 TBありがとうございます。

開業延期は、様々な方面に悪影響がありそうですが、大きな事故を起こすよりは良いですよね。

古い日記にトラックバックされているのに今頃気がつきました.レス遅れてスミマセン.日本の新聞でも結構取り上げられているのですね.小泉前首相が呼ばれているのは随分と前から知っていたのですが...関係者としての立場から開業延期の理由について触れることは出来ませんが,高速鉄道網で世界を結ぶ壮大な夢に向かっての第一歩を踏み出すのは本当に大変なことではあります.

コメントする