近未来通信 通話料、収入の1.6% 05年7月期投資家資金98% 「配当充当」は虚偽?

インターネットを使ったIP電話事業を展開する近未来通信(東京・中央)の投資話を巡る問題で、総務省は三十日、二〇〇五年七月期の売上高の約九八%が投資家からの集めた資金で、通話料収入は約一・六%だけだったと発表した。同省は「通話料収入を配当に当てているという近未来通信の説明は偽りだった」としている。
同社はIP電話に必要な中継局サーバの設置費用などを負担すれば通話料を還元するとして投資家を募り、「三年で元が取れる」などと勧誘。しかし、配当原資となる通話事業の実態はほとんど無かった疑いが強まり、捜査当局も詐欺罪での立件の可否を検討するとみられる。

| コメント(1) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/10

コメント(1)

詐欺の典型、ただIP電話というIT関連事業で、あたかも将来性があるようにだましたこと投資家から集めた金を配当に当てる自転車操業
幹部とか給料よかったようですよ

コメントする