昭和電工 有機ELに参入

低コストで年内生産へ TV画面に採用狙う 昭和電工は薄型テレビなどの表示装置として普及が期待されている有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)パネル製造に参入する。千葉県に量産設備を設け、年内にも最大で三十センチメートル四方のパネルの生産をはじめる。電光掲示板などの需要を開拓、将来は大型テレビへの搭載も狙う。材料の有機化合物のノウハウを生かし、付加価値の高いパネル事業に取り組む。 有機ELは電気を通すと発行する有機化合物を透明な電極ではさみ映像や文字情報を表示する。液晶と違いバックライトなどの光源が不要でさらにパネルを薄きでき、画質にも優れているという。ソニーが27型の有機ELテレビを試作するなど開発競争が激化している。 昭和電工は、電極への表面処理技術の採用などで従来より構造を簡素化、製造コストが低いパネルの実用化にメドをつけた。現在は携帯電話など小型機器の画面用が大半だが、商業施設などで使う文字情報の電光掲示板や証明などの新しい用途を開拓。将来は家電メーカーにテレビパネルへの採用を働きかける。 調査会社の米ディスプレイサーチによると、有機ELの2006年の世界市場は携帯電話などを中心に四億七千万ドル(約五百六十六億円)になったもよう。出荷枚数では前年比二七%増の約七千百万枚。一〇年には約五倍の三億六千六百万枚を見込むが、テレビへの採用が進めば、さらに拡大する可能性がある。 (日本経済新聞)

有機EL、テレビ用より先にパソコンのディスプレイに来ませんかね?
まぁ、パソコンは現在の液晶でも十分に薄いですが、新技術を使ってみたい気もします。

それにしても昭和電工、さまざまな分野に進出していきますね。
しかも、ほとんどがこれから成長が見込まれる分野。
ただ、既存の分野で収益が頭打ちのもあるんで、そっちの処理も気をつけた方が…。

まぁ、他人事ですけどw
先を見すぎていたカネボウのようにはなってほしくないです。

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/42

コメントする