面白そうな「亜空間通信Pod」

ITmedia+D LifeStyle - 「亜空間通信Pod」の謎に迫る

亜空間通信。SFなどで出てきそうな名前ですね。

亜空間通信Podは、3Dディスプレイを搭載し、裸眼立体視が可能な装置みたいです。
どうやら発売を2007年末と発表してるようです。

それにしても、立体に見えるというのがすごいですね。
立体に見えるということは、映像データ自体も立体ってことですよね?
実際の通信として使うには、かなりの通信帯域が必要になりそうですけど。
それ以前に、映像を送る場合、自分をどうやって撮るんでしょうか。
まさか30台近くのカメラに囲まれてからじゃないと通話できないとかw

プロトタイプでは、3Dディスプレイに女の子が表示されるようです。
どうやらセンサーがついており、その行動に女の子が対応してくれるようです。
何でも「照れる」とかw ぜひオイラもやってみたいです。

面白いと思ったのは、亜空間通信Podを使い着せ替えゲーム的なものを考えてる点。
装置にカードを読み込ませ、それに応じたものを3Dディスプレイに表示するようです。
カードゲームに真っ先に採用されそうな感じですが、これで漫画(アニメ)とかのコンテンツも出てくれば面白くなるなと。

個人でもこの装置を使った色々なものを開発できる環境が整えば、かなり化ける気がします。

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/40

コメントする