YouTubeは紳士的

AVWatch - 著作権侵害防止でYouTubeと権利者団体が協議−「YouTubeは紳士的に対応」。日本語の警告などを導入

ようつべこと「YouTube」と、親会社Googleを交えた話し合いが行われたみたい。
ただ、それぞれの代表者は出席していない。

話し合いは以下の内容で行われたみたい。
・日本語での警告表示
・氏名・住所などの登録
・ユーザーのアカウント停止

普通に住所・氏名の登録は無理な気がするけどね。

これらの話し合いのうち、アカウント停止はすでに行っている、警告についても、早期実現を目指すということになったみたい。


話し合いで「殴り合いになるかと思った」と日本側が言ってるのが笑えるw
そこまでは無いと思うよ?w普通に。
相手は、訴訟大国アメリカの企業だし、そんなことは元々しないかと。

まぁ、相手がそれだけデカイと感じたということでしょうか。

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/50

コメントする