青紫色レーザー シャープ量産へ

次世代DVD用 シャープは14日、次世代DVDレコーダーの基幹部品である青紫色半導体レーザーの量産を5月から始めると発表した。二層のディスクに6倍速で録画が可能で、現在主流の2倍速から録画時間が大幅に短縮できるレコーダーを商品化できる。他のデジタル家電メーカーにも販売し、青紫色レーザー市場で四ー五割のシェア獲得を狙う。 「ブルーレイ・ディスク」や「HD-DVD」に対応したレコーダー。パソコン用ディスクドライブの基幹部品として開発した。データの書き込みの速さを表すレーザー光の出力は二百ミリワットで量産品としては業界最高になる見通し。 シャープは昨年から読み出し専用の低出力タイプの青紫色レーザーを量産しており、今回投入する高出力タイプと合わせて今年7-9月に月産五十万個体制を整える。 (日本経済新聞)

シャープが青紫色レーザーを量産するようです。
量産自体は5月からなので、それを使った製品は3ヶ月程度あとに出てくるかと。
価格が下がればブルーレイディスクなど使ってみたいですね。

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/124

コメントする