「エヴァンゲリオン:序」を見てきた。

DSCF1481.jpgDSCF1483.jpg

友人に誘われて「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序」を見てきました。エヴァからヱヴァへどの辺が変わったのか気になりますしね。きっと文字だけが変わったわけではないはずですw
と言う事で、全国の映画館で9月1日から上映されてるヱヴァンゲリオン:序です。実は、月刊少年エースで連載されている漫画版は未だに終わってません。まぁ、漫画版はオリジナルストーリーのようですが。

映画を見て、個人的なポイントは次の5つ。

1.ストーリー
2.クオリティー
3.グロさ
4.綾波レイの乳首拳発動
5.エンディング

1のストーリは、あれです、あれ。
(´-`)<あんまり変わらなくね?
まぁ、当然といえば当然ですね。でも、基本的なストーリーが変わらないのに話の進みが速い。で、俺は置いてきぼりです。
まぁ、前作のTV版は見てるんで全体的な流れは分かりますけどね。

2はプロダクションI.Gが入ってる分、3Dなどの描画がいいですね。
兵装ビルの浮き沈みとか、レイとシンジが話すエスカレーターとか。あと、ダイアモンド形の使徒の描画もすごかったです。

3は・・・・・、俺ポップコーンを買ったわけですよ。
で、食いながらゆっくり見ようと思ったら、ドロドロのシーンとかあるじゃないですか。正直、食欲なくなりますw
今回の使徒は全部溶けるみたいなんですよ。はじけ飛んだり、ドロドロの液体になったり。
ポップコーンは早めに胃袋に詰めて見るのに専念しました。

4は題目のとおり、乳首だけ出てました。
まぁ全然エロく無いんですが、他に見るものも無いのでメガネにヒビを入れるくらいの眼力で見ましたw
アップになるシーンがあるんですが、きっとスクリーンの左下には俺の眼力による跡が残ってるに違いありません(ぉぃ

5は宇多田ヒカルの曲です。
正直、映画の中で一番良かったかも (まじでか!
後、スタッフロールの中に「okama」って書いてあって吹いたけど、いろいろ調べてみるとネタの名前ではなく、結構なイラストレータの方みたいですね。俺はてっきりネタかと思って盛大に吹いてました。申し訳ないw

映画見てきましたが、俺的にはこんな感じでした。
正直、微妙です。行く人は微妙と思って見ると面白く見れるかも。

もう少し何かがあれば面白いんだろうけどねぇ。
何か足りない気がする。
エンディングの曲はいい曲だけどねー。 ←そればっかw

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/264

コメントする