「駆け出しマネジャー アレックス リーダーシップを学ぶ」を読んでみた。

駆け出しマネジャー アレックス リーダーシップを学ぶ
マックス・ランズバーグ 村井 章子
ダイヤモンド社 (2004/09/03)
売り上げランキング: 111562
おすすめ度の平均: 4.0
4 リーダーシップのテクニック
5 おもしろいです!
5 リーダーシップの本を初めて読む人にどうぞ。

内定中の会社から感想レポートの提出を指示されていたので読んで見ました。
以下、提出した感想レポート。


「リーダーシップを学ぶ」を読んで

アレックスの目標は広告代理店DKNUの再建だ。しかし、その会社のディレクターたちはバラバラでまとまりが無い。しかし、分かりやすい事に物事を置き換える事によってメンバーたちにビジョンを持たせ、それによって会社の再建に成功した。
 この本を読みリーダーシップとして重要なのは、目標を設定し、メンバーのやる気を引き出し、それに向かって行動させる能力だ。目標を設定は、目的地までどう進むのかを具体的に描いた未来の地図である。やる気は、メンバーに目標に対して努力すること自体にも価値がある事を信じさせることである。またイニシアティブが尻すぼみになら無いように弾みを付ける必要もある。またリーダーには、障害物などを目ざとく見つけ、直接・間接に速やかな対処を講じる必要がある。目的に合わない業務プロセスの不具合は合理的に考え解決して行き、抵抗勢力にはトレーニングや説得をする必要がある。
私は本を読み進めて行くうちに、リーダーシップとは人との付き合い方ではないかと考えた。実際、本の主人公アレックスには気軽に相談できるマイケルや、妻のサラの存在が描かれている。確かに、実現可能なイメージを部下に伝え、やる気を引き出し、成果をあげるのがリーダーシップであり、そしてリーダーとなる人には、それら3つのスキルすべてが必要であるかもしれない。だが、その向かう方向性があっているかどうかを確認する必要もあるのではないと思う。相談する事によって自分の立ち位置を知り、メンバー達を思い描くビジョンに向かわせることが出来るのではないかと思った。
 これから先、会社に入社すれば何かのリーダーになる事もあると思うので、この本にかかれている事をしっかりと覚えておきたい。

提出した返信で「部長以上へ配布予定」を返答され凹んでいる俺です。
そんなことなら、もっとまじめに書いておけば良かった・・・・・・orz

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/293

コメントする