「CentOS 5.1」がリリースされてた

RHEL互換ディストロの最新版「CentOS 5.1」がリリース


CentOSプロジェクトは米国時間の2日、Red Hat Enterprise Linux (RHEL)互換のLinuxディストリビューション「CentOS 5.1」をリリースした。対応プラットフォームはx86およびx86_64、全パッケージを収録した通常版と直接ブート可能なLive-CD版が用意される。
CentOS 5.1では、11月公開のRHEL 5.1に準じたパッケージを収録。仮想化機能ではIA64アーキテクチャをサポートしたほか、IntelおよびAMDの64ビットプラットフォームにおいて32ビットの準仮想化されたゲストOSをサポートするなど、RHEL 5.1同様の大幅な機能アップが図られている。

と言う事で、レッドハット互換のディストリビューションのCentOSの最新版が公開されていました。
仮想化機能が大幅に強化されているようなので、対応CPUだと威力を発揮しそうです。
カーネルは 2.6.18-8 から 2.6.18-53 にアップグレード。
あと、扱えるファイルサイズが8TBから16TBに拡張されているみたいです。

まだインストールして無いので、暇ができたらやってみようかと思っています。
ちょうどサーバのHDDもBadCRC Errorが出てますし (ぇw
ハードディスクの換装と同時に入れてみようかと計画中。

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/306

コメントする