「Vine Linux 4.2」がリリースしてた

国産Linuxディストリビューションの最新版「Vine Linux 4.2」


Project Vineは25日、Linuxディストリビューションの最新版「Vine Linux 4.2」をリリースした。対象プラットフォームはIntel x86およびPowerPC、インストール用ISOイメージは無償配布される。
今回のリリースは、2月に公開されたVine Linux 4.1のマイナーアップデートという位置付け。オープンソース版ATI Radeon HDグラフィックドライバの追加や、カーネル組み込みのデバイスドライバの更新、Firefox 2.0.0.11など収録アプリケーションのアップデートは行われたが、Linuxカーネルやライブラリのバージョンは基本的にVine Linux 4.1から変更されていない。
Vine Linuxのリリースは、年1度のペースが見込まれている。最新のリリースロードマップによれば、次のメジャーアップデートとなるVine Linux 5.0は、2008年春から夏にかけてリリースされる予定。

ということで、VineLinux4.2がリリースされてたみたいです。
ついこないだバージョンアップした気がするけど、4.1のリリースは2月。
意外と時間がたっててビビッタw

そういえば自宅のサーバ、CentOSを入れる気でいたんだけれど結局VineLinuxのままだったり。
有言実行できないやつは恐ろしいねw
まぁ、「動いてるなら触るな」の精神を存分に発揮している感じです。
いじって動かなくなったりしたら最悪だしね。

次のVine Linux 5.0のリリースは夏ということで。それまでこのまま行くかもねー。

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/316

コメントする