観測衛星「だいち」に誤差やノイズが

観測衛星「だいち」の精度不十分、地図作れず


全世界の地図づくりに使う宇宙航空研究開発機構の地球観測衛星「だいち」の精度が想定より低く、国土地理院の地図の作製に十分には使えていないことがわかった。
だいちは06年1月に打ち上げられた。開発費約535億円で、2万5000分の1の地図をつくるデータを集めるのが大きなねらい。国土地理院が、すべての地図の元になる日本の基本図(約4300面)を修正、更新する際にも活用されることになっていた。
基本図に使う地形データの誤差は、打ち上げ前には5メートル以下を目標にしていた。だが、だいちの姿勢制御が難しく、届いたデータでは、等高線を決める「高さ情報」の多くで6メートル前後の誤差があった。また、圧縮データを地上で復元する際に生じる乱れも予想より大きいという。
だいちのデータを使った基本図は硫黄島など52面にとどまっている。宇宙機構は「だいちは技術の実証がねらいで、だいちのデータだけで地図づくりをするのが目標ではないが、改善策を準備している」という。

観測衛星「だいち」に重大な欠陥が発見されたらしい。
何でも、画像圧縮が可逆圧縮じゃなかったみたい。あと、姿勢制御にも問題があるらしい。

記事を読むと衛星の代金約535億円が無駄になったように感じるけど、それは違うだろと思った。
まぁ、普通の人は『税金の無駄遣いだ!』って騒ぐんだろうね。
利用目的が制限されたのは、衛星「だいち」に搭載されているレーダーの一つPRISM(パンクロマティック立体視センサー)かと思われます。他にも「だいち」には、AVNIR2(高性能可視近赤外放射計2型)や、PALSAR(フェーズドアレイ方式Lバンド合成開口レーダー)などが搭載されていて、1つが使えないからといって全部が無駄になるわけではないかと。
特にAVNIR2は、ペルー地震の観測スマトラ島南部沖の地震観測、そして新潟県中越沖地震の観測などで成果をあげていますし。
それだけでも無駄では無かったかと思いました。

失敗から学ぶことも出来ますしね。


・・・学んでくれるかどうかは別問題ですけどw

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/331

コメントする