島根県のCMSがオープンソースへ

島根県のホームページ管理システムがOSSとして無償公開,地元企業がRubyで開発

Rubyを開発したまつもとゆきひろ氏の地元、島根県の公式サイトを管理しているシステムがオープンソースで無償公開されたようです。開発元は、同氏が在籍するネットワーク応用通信研究所が行ってるみたいですね。
ソフトウエアの名称は「島根県CMS」になり、稼動実績は2006年から件のWebページとして動作している。パソコンに詳しくなくても更新でき、視覚障害者向けにアクセシビリティを向上させる機能もあるとか。

マニュアルを見てみると、Internet Explorerの設定から解説してあり親切だなと。
Rubyが分かる方は、自分のページにすぐ組み込めるでしょうしね。GPLですけど。
しばらくして暇になったら試してみようと思った次第。

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/410

コメントする