カスタムPSP販売で逮捕者

PSPを改造販売で鉄筋工を逮捕

「PSP」のロゴが付いた携帯ゲーム機「プレイステーション・ポータブル」を改造し、販売したとして北海道警生活経済課と西署などは20日、商標法違反(商標権の直接侵害)の疑いで札幌市西区西野、鉄筋工佐々木隆容疑者(38)を逮捕した。
ブランド保護の徹底のため罰則を強化した2007年1月の改正商標法施行後、ゲーム機の商標権を直接侵害した容疑での逮捕は全国で初めて。
調べによると、佐々木容疑者は昨年12月、文字商標「PSP」が付いた正規品の内蔵プログラムを、他社製品のゲームソフトも利用できるよう作り替え、札幌市内の女性に販売した疑い。
道警によると、同容疑者は06年11月から同様の手口で改造したゲーム機をインターネットで販売し、1台2万〜5万円で約170台販売。注文が入ると家電量販店で正規品を買い、自宅のパソコンを使い改造していたという

PSPのシステムソフトウェアをカスタムファームウェアに入れ替え、ヤフオクで販売していた人が逮捕されたみたいです。販売数から見ると、そこそこのカスタムファームウェア導入代行屋だったみたいですね。
なお、カスタムファームウェア導入は自分で行う場合は問題ありませんが、他人に販売すると商標権侵害になるみたいです。今後の業者は、やり方を詳しく載せたパンフレットとの抱き合わせ販売という形になるんでしょうか。

| コメント(2) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/415

コメント(2)

子エーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー俺もやろうかとしていたよ

>匿名 さん

危ないっすね~。
いや、あえて今だからこそやれば利益があるかも?
ハイリスク・ハイリターンの原理ですが・・・

コメントする