海自がSunのシンクライアント導入を検討中

記憶装置なしパソコン、海自が3万台全面導入・10年度までに


防衛省は機密情報の流出防止を狙い、記憶装置を持たないパソコン「シンクライアント端末」を2010年度までに海上自衛隊に全面導入する。海自のパソコンのほぼ全量に当たる約3万台を対象に、米国防総省が使う米サン・マイクロシステムズ製の端末に置き換える。国内でのシンクライアント端末の導入台数では過去最大とみられる。昨年明るみに出たイージス艦の情報流出事件などを受け、防衛情報の厳格管理が国際的に求められているのに対応する。
防衛省はまず今年3月までに端末数百台を海自の施設に導入。その後艦船などにも順次設置する。海自での成果をみて陸上自衛隊や航空自衛隊への導入も検討する。(10日 07:00)

米国製イージス艦の情報を漏洩した海上自衛隊が、情報をユーザ端末側に保存しないThinClientへ移行するみたいです。メーカーはSun Microsystems。海自に限らず、陸上自衛隊や航空自衛隊もWinnyなどのp2pで情報を流出しているので、海自の結果を見て導入するみたいですね。

それにしても、ホストターミナル形式へ逆戻りなんですね。
昔は端末側の性能が低いせいでホストの計算機に処理をさせていましたが、今度は情報を持ち出させないためにホスト側で処理と少し事情が違いますが。

でも、個人的には駄目なやつは何をやってもダメだと思うんですけどね。
まぁ、何も対策をしないで情報が出て行くよりかはいいでしょうけど。

最後は、やっぱり使う側のモラル改善に行き着きそうです。

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/390

コメントする