光学迷彩に1歩近づいたらしいよ

米研究者、完全な「光学迷彩」技術の開発に成功


日本の人気アニメ「攻殻機動隊」で登場する物体を透明化する「光学迷彩」技術の開発に米カリフォルニア大学バークレー校の研究グループが成功していたことが11日、明らかとなった。
この研究発表を行ったのは同大学のXiang Zhang教授(Chancellor's Professor)を中心とする研究グループ。
Zhang教授が開発した「光学迷彩」技術はナノサイズの特殊な素材を使ったもの。この素材に光の波動がぶつかると一般の物質のように光を反射することなしに物体の表面に沿って光波を屈折させることが可能(研究グループはこの現象を「ネガティブ・リフレクティング(negative refracting)」と呼んでいる)。結果的にこのナノサイズの特殊な素材は素材を通して向かい側の光波をそのまま反対側に通過させてしまうため、この素材は透明に見えてしまうことになるというものとなる。

・・・・・・続きを読む


ってことで、アメリカにて光学迷彩の技術を開発してるらしいですよ?
すげー事になりそうですね。

まぁ、実際に出来ているのは、10マイクロメートルと小さいサイズなんですけど、この技術を応用すれば大佐スネークのような透明人間も夢じゃない?
一般に発売されたあかつきには、田代まさしのような覗き魔が大量発生しそうですがwww
いや、そう考えると銀行強盗とかにも使えるね。あぶねー!

実際にはアメリカ軍向けに開発中で、戦車とかを見えなくするのに期待されてるみたいですけどね。
残念ながら、一般には手に入りそうにもないか。

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/531

コメントする