引きこもり(hikikomori)は既に世界語?!イタリアで急増中らしいよ

引きこもり:イタリアでも急増 日本を例に有力紙が特集

ミラノ発の記事で、「昼は寝て、夜に冷蔵庫をあさり、インターネットと漫画だけの生活」、「過去半年、親に話したのは『ほっといてくれ』の一言」と約10人の事例を紹介。相談を受ける複数の精神科医が「100万人を数える日本ほどではないが、外のひどい世界から逃れ、閉じこもる子が多い」、「頭が良く創造性があるが内向的な10代に多い」と特徴をまとめている。著名な精神分析医が「私が知る事例では、過去2年で5倍に増えた」とその広がりを強調する。

日本始まったな!

と言う事で、イタリアでもヒッキー(死語)が急増中らしいですよ。
どうやら、数年前に日本が通った道をイタリアも進んでいるようです。そんなわけで、今イタリア語が分かれば、そう言ったサイトを構築してメジャーになってしまえば儲かるかも?

まぁ、イタリアでは精神病扱いみたいですがw
日本では普通に引きこもり扱いですし、国によってやっぱり対応は違うものですね。

そう言えば、オタク(Otaku)という言葉を輸出したのも日本ですよね?
津波(Tsunami)なんかも日本語ですし、結構言葉の輸出は盛んなのかも?
次にメジャーになる言葉を予想するのもおもしろいかもー。

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/768

コメントする