物理演算ユニット「GALAXY A2GPL-A2GDF8PXFP (PhysX 128MB PCI)」を買ってみた

DSCF2542.jpgDSCF2543.jpg
nVIDIAに買収されたageia社が販売していたPhysX(フィジックス)を搭載した物理演算カード「GALAXY A2GPL-A2GDF8PXFP」を買ってみました。ドスパラにて1580円です。登場したときは4万円ほどしていたけど、今ではミドルクラスのnVIDIAグラフィックカードにも搭載されていますしね。これと言って、専用PCIカードは需要がないのかも。
実際、少し前はRadeonHDをメインのグラフィックチップにして、GeForce 9800をPhysX用カードとして割り当てるのが流行っていたぐらいですし。今更PCI版は見向きもされませんよね。
だが、それがいい!

DSCF2545.jpgDSCF2546.jpg
DSCF2547.jpgDSCF2556.jpg
性能は他のPhysX搭載カードと同じで、PhysXチップと128MB/128bit幅のDDR3メモリを搭載というシンプルな物。しかしながら、補助電源がいる事からしてちょっと爆熱なのかも。

なお、PhysX SDKは非営利で個人使用に関しては自由に扱えるので、プログラム組める人には良いかも。現在最新のSDKバージョンはPhysX SDK 2.8.1。

さて、購入したのは良いけど対応するゲームを持っていない罠。
つーか、ゲームなんてここ最近だとニンテンドーDSの物しか買っていませんし。
PC用ゲームとか、いったいどれだけ前だよ!的な流れですなー。

PhysXに興味を持ったのは4Games.netのMirror's Edgeプレイムービーなんで、買うとしたらこのゲーム?ただ、3D酔いが激しいオイラは最後までプレイできるかが謎ですが・・・。

う~む、一番良いのは適当なサンプルをグリグリ動かして自己満足する事ですかね。

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/781

コメントする