Windows Server 2008のSysprepで使うXML形式の自動応答ファイルをWindowsOPKを使って作ってみる

Windows VistaやWindows Server 2008は便利な事にSysprepが標準で導入されています。
つー事で、今回はそれを使ってみるテスト。

Sysprepのインストール先はこちら。
%SystemRoot%\System32\sysprep
ドライブ名が変わっていない場合は、C:\Windows\System32\sysprepに入っています。
しかし、該当フォルダを見てみると「sysprep.exe」と「ja-JP」フォルダしかないという罠。
WindowsXPなどで応答ファイルを作成したsetupmgr.exeなどはありません。

そんな感じで、助けてー、Google先生ー。
ぐるぐるWebを漂っているとMicrosoft OEM System Builder Web Siteというサイトにある、Windows OEM Preinstallation Kit (Windows OPK)で作れるとの記載が引っかかりました。流石先生。
つー事で、作ってみる。

Windows OPKをまずはダウンロードです。
Windows_OPK_00.jpgMicrosoft_OEM_Partner_Center.jpgMicrosoft_OEM_Partner_Center_Windows_OPK.jpg
言語が沢山ありますが、日本語しか読めないのでJapanese .img 1.5 GBを選択。
一応、中身はWindows 自動インストール キット (Windows AIK)と同じっぽいです。画面一緒だし。Windows AIKの方が一般的なのかも?
WindowsOPKがダウンロードできない場合は、WindowsAIKで問題無いです。たぶん。

ダウンロードしたイメージファイルを、DVDに焼くか仮想ドライブにマウントしインストール。
Windows_OPK_01.jpgWindows_OPK_02.jpgWindows_OPK_03.jpg
Windows_OPK_04.jpgWindows_OPK_05.jpgWindows_OPK_06.jpg
今回はWindows Vistaの端末にインストール。
作業端末はWindowsXP以上であれば特に問題無いので、好きなのに入れて下さい。

インストールが完了したら次にSysprepをするOSのカタログファイルの準備です。
今回はWindows2008なので、セットアップディスクをDVD-ROM ドライブにセットし、「Sources」フォルダにある「Install.wim」ファイルを自分のPCにコピーします。
何気に1,7GBぐらいあるので、空き容量に注意。

コピーが終わったら起動します。「スタート」メニューの「すべてのプログラム」に「Microsoft Windows OPK」といフォルダが出来ているはずです。その中にある「Windows System Image Manager」が目的のツールです。
Windows_OPK_07.jpg
起動したら、まずは左下を右クリックして「Windowsイメージの選択」をクリックです。
ダイアログが開くと思うので、先にコピーしておいた「Install.wim」ファイルを選択。
Windows_OPK_08.jpgWindows_OPK_09.jpgWindows_OPK_10.jpg
Windows_OPK_11.jpgWindows_OPK_12.jpg
後は自分が作成するエディションを選択すれば、初期設定完了。

Windows_OPK_14.jpgWindows_OPK_15.jpgWindows_OPK_16.jpg
さてお待ちかね。待ちに待ったXMLファイルの作成です。
左下のComponentsツリーを開き「x86_Microsoft-Windows-Shell-Setup__neutral_31bf3856ad364e35_nonSxS」を選択。右クリックで「specializeに渡す設定の追加」を選択します。
こいつが良く設定する、コンピュータ名やProductKeyなどを入れる設定ファイルです。
あと、言語設定を入れたかったので「x86_Microsoft-Windows-International-Core__neutral_31bf3856ad364e35_nonSxS」も追加して設定。

Windows_OPK_17.jpg
設定を入力後、問題がないかチェックするためにツールの「応答ファイルの検証」を実行します。
結果は右下の検証の所に表示。特に問題無ければ「応答ファイルの保存」でXMLを作成。
今回作ったファイルはこちら:Untitled.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<unattend xmlns="urn:schemas-microsoft-com:unattend">
    <settings pass="specialize">
        <component name="Microsoft-Windows-Shell-Setup" processorArchitecture="x86" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
            <ProductKey>AAAAA-BBBBB-CCCCC-DDDDD-EEEEE</ProductKey>
            <ComputerName>*</ComputerName>
            <RegisteredOrganization>○△□×株式会社</RegisteredOrganization>
            <RegisteredOwner>情報システム部</RegisteredOwner>
        </component>
        <component name="Microsoft-Windows-International-Core" processorArchitecture="x86" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
            <UILanguage>ja-JP</UILanguage>
        </component>
    </settings>
    <cpi:offlineImage cpi:source="wim:c:/users/%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%B2%E3%81%A7/desktop/install.wim#Windows Longhorn SERVERSTANDARD" xmlns:cpi="urn:schemas-microsoft-com:cpi" />
</unattend>

ComputerNameが*(アスタリスク)なのは自動で設定してくれるから。
入力せずに空白だと処理してくれないので。

作成後、このxmlをSysprepをするOSにコピー。コピーする場所は、本体と同じ所のC:\Windows\System32\sysprepが良いかも。
コピー後、コマンドプロンプトを起動し次の物を入力。2個目改行されてるけど、どちらも1行です。

Microsoft Windows [Version 6.0.6002]
Copyright (c) 2006 Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\Users\Administrator>cd C:\Windows\System32\sysprep

C:\Windows\System32\sysprep>sysprep /generalize /oobe /shutdown /unattend:Untitled.xml


うまくいっていればSysprepが完了し、OSが自動的にシャットダウンされます。
Windows_OPK_Sysprep_01.jpg
シャットダウンされた状態を複数個コピーすれば、環境の複製が出来るっぽい。


オマケ。OEMInformationに記入すると、システムのプロパティがあたかもメーカー製PCのような表示にする事が出来ます。
Windows_OPK_Sysprep_04.jpg
<Logo> ・・・ ロゴイメージファイル。BMP形式で120x120までだけど、それ以上でも自動縮小して表示。Windows/System32に入れておくと表示される。
<Manufacturer> ・・・ 製造業者名
<Model> ・・・ モデル名
<SupportHours> ・・・ サポート受付時間
<SupportPhone> ・・・ 電話番号
<SupportURL> ・・・ オンラインサポートページ
作ったファイルはこちら:Untitled-OEM.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<unattend xmlns="urn:schemas-microsoft-com:unattend">
    <settings pass="specialize">
        <component name="Microsoft-Windows-Shell-Setup" processorArchitecture="x86" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
            <OEMInformation>
                <Logo>OEM_logo.bmp</Logo>
                <Manufacturer>やまひでシステム</Manufacturer>
                <Model>proto-type</Model>
                <SupportHours>09:00 - 18:00</SupportHours>
                <SupportPhone>072-000-0000</SupportPhone>
                <SupportURL>http://type-y.com/</SupportURL>
            </OEMInformation>
            <ProductKey>AAAAA-BBBBB-CCCCC-DDDDD-EEEEE</ProductKey>
            <ComputerName>*</ComputerName>
            <RegisteredOrganization>○△□×株式会社</RegisteredOrganization>
            <RegisteredOwner>情報システム部</RegisteredOwner>
        </component>
        <component name="Microsoft-Windows-International-Core" processorArchitecture="x86" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" language="neutral" versionScope="nonSxS" xmlns:wcm="http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
            <UILanguage>ja-JP</UILanguage>
        </component>
    </settings>
    <cpi:offlineImage cpi:source="wim:c:/users/%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%B2%E3%81%A7/desktop/install.wim#Windows Longhorn SERVERSTANDARD" xmlns:cpi="urn:schemas-microsoft-com:cpi" />
</unattend>

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/961

コメントする