Windows Server 2008 R2 DatacenterだとGuestOSのライセンスが無料らしい

マイクロソフトに聞く、Hyper-V 2.0の実力 - Enterprise Watch

(前略)
ECIは、Windows Server 2008 R2 DatacenterとSystem Center Server Management SuiteとForefront for Client Securityをパッケージ化して、お得な価格にしました。Windows Server 2008 R2 Datacenterは、Hyper-V 2.0を標準で内蔵していますし、仮想マシン上で動かすWindows Serverのライセンスも無制限となっています(Windows Server 2008 R2 Enterpriseは4つまで)。こういった、お得なライセンスをリリースすることで、多くのユーザーに仮想化を導入してもらえればと考えています。
(以下略)

今までの仮想4OSまでは無料ってのは会社の先輩がMSに確認取ってたので知ってたけど、今度はWindows Server 2008 R2 Datacenterだと無制限ライセンスらしい。
ただ、これはボリュームライセンスのR2 Datacenterを買えば1筐体分が無制限になるのか、Hyper-V 2.0上でのライセンスが無制限になるのかが分かりませんけどね。
Enterpriseライセンスの奴はVMwareでも4OSまで無料なんで、Datacenterライセンスの効果範囲が気になります。

Hyper-Vは管理ツールをWindowsXPで動かせればもう少し流行ると思うんですけど、動なんでしょうか。今のはVistaか2008、7か2008R2が必須ですし。
2008上の管理ツールをRemoteAppで提供するのも出来るかもしれないけど。
まー、もう少ししたらサードパーティ製のツールが出そろうでしょうけどねー。


Hyper-Vスタートアップバイブル ~Windows Server 2008仮想化入門~
高橋 郷
毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング: 141868

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/1011

コメントする