IME「Google日本語入力」を少しだけ使ってみた

今、巷で噂のツールといえばGoogle 日本語入力 (ベータ版)らしい。
そんな訳で、遅れないように入れるだけ入れてみたー。
当然、インストール先はメインマシンではなく仮想マシンですが。
メインではATOK2009使ってますし、ベータが取れるまで本番は様子見ですかねー。

とりあえずは、ファイルをダウンロード。
Google 日本語入力 - ダウンロード
google-ime_0.jpg
右側のダウンロードボタンを押せば、普通に入手できます。
サービス利用規約が表示されるので「同意してインストール」を押せばOK。

google-ime_1.jpggoogle-ime_2.jpg
ダウンロードしたモジュールを実行するとインストール開始。
特に何も選択肢がなく、あっさり終了します。
インストール完了後には再起動がいるみたいです。

google-ime_3.jpggoogle-ime_4.jpggoogle-ime_5.jpg
再起動完了後、右下のIMEの赤いボタンをクリック。そうするとGoogle 日本語入力という選択肢が増えているので、それを選びます。
今後の恒久的な設定を行うかが聞かれるので、規定のIMEとして設定する場合は「はい」を押してしまいましょう。
右下の赤丸が、Googleの青丸に変更されていれば成功です。

さて、インストールが完了したら性能テストですよ。

まずは、自分の名前「やまひで」を入力。
google-ime_6.jpg
漢字は表示されますが、ひらがなは無し。残念。

google-ime_7.jpggoogle-ime_8.jpg
お次に、当ブログタイトル「Y型ヒキコモリ日誌」を入力。残念ながら、やはり表示無し。
変換自体は、一発変換。
一度入力して変換してしまえば、すぐに学習して次の入力に早速反映されます。

google-ime_9.jpg
ただ、少し学習が過激すぎる気もします。
例えば、タイプミスや変換ミスで行ってしまった物も、そのまま変換候補として記録されます。
まぁ、間違うな or 要らない変換候補は消せって話ですが、めんどくさい。
この辺り、Google先生の力で何とかして欲しいもの。

もう少し作り込んでくれたら、もしかしたらATOK要らなくなるかもしれませんね。
まぁ、Googleはオンラインの企業なので、オフラインのスタンドアロンなどの場合は、ATOKしか選択しなさそうですけど。そこがATOK生き残る場所?

| コメント(3) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/1123

コメント(3)

いや、色々間違ってるから……

お久しぶりです。
いやはや。
バックドアとかの類が怖くてまだインストールしてないんですが研究室の先輩が使ってはりました(笑
しかも私はメインマシンが64bitなんで使えないですし。

そういえば私の尊敬する方がGoogle日本語入力によって文章に差がなくなって日本語が貧弱になるんじゃないかと指摘されてました。うむむ、ネタソフトとしてしか見てない私は正直目から鱗でした(苦笑

Socket7は今BabyAT電源を引きずり出して遊んです。

>匿名 さん
初めまして。
使い方、もしかして何か間違ってます?
取説読まない主義なんで、間違っていたら申し訳ない。


>mP6の時のななし さん
お久しぶりです。
バックドアというより、公表している情報収集ですよね。
「Google Public DNS」もそうですが、最近Googleの露骨さが嫌な感じです。
64bit版は、ATOKで!(笑)

「日本語が貧弱になる」という考え方は、自分も無かったですね。
確かに、使う言葉がGoogle予想変換で表示される物ばかりになりそうな気がします。
表現の範囲が狭まりますね・・・。
MS-IMEだとレベルの高い変換をしてくれるので、自然に利用者が鍛えられますけど。 (ぇw

うちのSocket7環境は、IDE接続のHDDが無いので放置中です。
近いうちにIDE-SATA変換買って遊びたいですが、時間もないので来年ですかねぇ。。。

コメントする