ユナイテッド・パワー「楽市.Net セットトップボックス Celrun TD700L」を買ってみた

ネズミ講の商品「楽市.Netセット一式」のメイン商品「セット・アップ・ボックスTD700L」がヤフオクに出てたので買ってみたー。
価格は中古の1,000円ですよ。ちなみにマルチ商法時の価格は21万円。ありえん。
DSCF3427.jpgDSCF3428.jpg
とりあえず、ビデオ、音声出力、プリンター、USB、LANなどが接続出来るみたい。
OSは、Windows CE .NET 4.2なので、Windows Media 9 Seriesも搭載されてます。
メディアプレイヤーとして使えればいいけど、残念ながら無理みたい。

とりあえずって事で、早速ばらしてみるテスト。
DSCF0402.jpgDSCF0404.jpgDSCF0405.jpg
これがバラシにくいのなんのって、無駄にネジが多いですな。つーか、ネジもタダじゃないんだし、もっと部品数減らしてコスト下げればいいのに。そしたら分解しやすくなる。 (笑)
メモリなどコネクタ類にはもれなくホットボンドが付けられてました。ニッパーですぐに取れる付け方なので、分解防止よりもコネクタが外れないようにするために付いてるみたい。
メモリは、TwinMOS Technologies社製 PC2100 (CL2.5) 256MB DDR-DIMMでした。

DSCF0407.jpgDSCF0406.jpg
電源やらPCIっぽい空きパターンを見る限り、普通のMicro-ATXのマザーっぽいですね。
これはもしやと思って、CPUのヒートシンクを外してみると・・・。

DSCF0408.jpg
おー、出た!VIA C3 - 1.0AGHzが搭載されてました。
さりげなくVIA派の自分には嬉しい限りですね。
数年後には、この辺のマシンにはIntel Atomが搭載されてるんでしょうけど。

今回収穫的にはこれ。
DSCF0409.jpg
IDEの所に付いていたフラッシュROMです。
何か右側の方に怪しいジャンパー付き。おそらく[書き込み]or[読み込み]の切り替えスイッチ?
これは面白いですな。
早速今度試してみるか!

| コメント(4) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/1128

コメント(4)

PCIは生きてるのかなぁ
だとしたらコネクタくっつければ色々遊べそうですね
1000円でこのワクワク感
たまらんですね
私もVIAスキーですが、VIA製品にはデータシートやベンチマークにはあらわれない夢とか希望が詰まってすよね
今でもVB6002にC7-Mの1.86Ghzを差したまま使ってます
ニコニコが重い(苦笑
そう言えばmobile-ITXまだなんですかね
上四半期にだすって言っておきながら2009年もう終わりですよ

>mP6の時のななし さん
PCI生きてるんですかねぇ・・・。
ハンダの腕がないので試せません ><
所詮1,000円なので、練習にはもってこいかもしれませんが。

VB6002は自分も買いました。
http://type-y.com/2009/04/mini-itx-via-vb6002-15000g-epia-pn-pentiumm-cpu-fan.html
WSUSを入れると、サービスがタイムアウトして管理できないという性能がすばらしい(笑)
自分のは、YouTubeも重かった気がします。

VIAは製品が出来てから出荷までがかなり遅いので、
Mobile-ITXは2011年ぐらいには出るのではないでしょうか?
それ以前に、Atomをしのげたらの話ですけど・・・。

IDEのフラッシュフラッシュROMのジャンパーは、マスター・スレーブの切り替えです。このROMは、書き込みができず、使い道が無いゴミです。

初めまして。
やっぱりこれ使えないんですね。
Promise Ultra133 TX2というカードに直差ししてみたんですが、
今一使い方が分からなかったんですよ。
相性の問題かなと思っていたんですが、これで諦めて捨てる事ができます。(笑)

コメントする