USBメモリをインストールメディアにする「Windows 7 USB/DVD Tool」を使ってみた

色んな所でGPLコード混入を確認と言われ叩かれているMicrosoft製のツール「Windows 7 USB/DVD Download Tool」を使ってみた。
これを使うと、ネットブックなど光学ドライブが標準で無い場合も、USBブートさえ出来ればWindows 7がインストールできてしまう優れもの。
まぁ、内容的には以前より各自がdiskpartにて行っていたものを自動でしてくれるだけですが。

現在はまだ新しい「Windows 7 USB/DVD Tool」が公開されてないので、以前公開していた物を使います。ダウンロードは、適当にGoogle先生に聞けばファイルの場所教えてくれるはず。
Google 検索: Windows7-USB-DVD-tool.exe

ダウンロード後「Windows7-USB-DVD-tool.exe」を叩いてツールのセットアップ。
Windows7-USB-DVD-tool_1.jpgWindows7-USB-DVD-tool_2.jpgWindows7-USB-DVD-tool_3.jpg
Windows7-USB-DVD-tool_4.jpgWindows7-USB-DVD-tool_5.jpg
英語分からん(笑)
適当にNextとかを押しておけばインストール完了です。
デスクトップに「Windows 7 USB DVD Download Tool」というアイコンが出来ているはず。
それがツールの本体です。

ツール自体も英語ですが、押すボタンもほとんど無いので迷わないはず。
Windows_7_USB_DVD_Download_Tool_0.jpgWindows_7_USB_DVD_Download_Tool_1.jpgWindows_7_USB_DVD_Download_Tool_2.jpg
起動すると、Windows7のインストールメディアの場所を聞かれます。
「Browse」ボタンを押して、あらかじめダウンロードしたおいたファイルを選択してあげればOK。

Nextで次に進むと、選択したISOファイルをUSBに入れるのかDVDに焼くのか聞かれます。
Windows_7_USB_DVD_Download_Tool_3.jpgWindows_7_USB_DVD_Download_Tool_4.jpg
今回はUSBブートが目的なので「USB device」を選択。
次の画面でUSBドライブが表示され、どのデバイスにインストールファイルをコピーするのか聞かれます。この画面でUSBデバイスをPCに刺した場合は、Refreshボタンで更新をかけると一覧に表示される感じ。目的のデバイスを選んだら「Begin copying」でコピー開始。

Windows_7_USB_DVD_Download_Tool_5.jpgWindows_7_USB_DVD_Download_Tool_6.jpg
状況にもよると思いますが、時間的に10分もあればコピーは完了です。
後はこのデバイスをPCにさして、USBブートすればWindows7のインストールを行えます。


結構手軽で便利なツールですねぇ。
後はWindows Server 2008 R2でも使えるかチェックせねば。
基本、カーネルはWin7と同じなので使える・・・はず。

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/1116

コメントする