Winnyネットワークに接続して共有ファイルを閲覧できる「Nyzilla 1.0」を使ってみた

来年、2010年1月1日より著作権法が改正されダウンロード違法化されるらしいです。
それに合わせてかどうかは知らないけど、Winnyネットワーク観測をされている高木浩光さんがWinny共有ファイル閲覧ソフトNyzillaを公開したらしい。
そんな訳で、早速使ってみたー。

Winnyサイトブラウザ "Nyzilla"
Winnyサイトブラウザ-Nyzilla.jpg

非常にかわいらしいサイトですが、公式です。
現在の最新バージョン1.0のセットアップ「Nyzilla_Setup.exe」のサイズは28.2MBでした。

このソフト自体は、WinnyホストをWebのように見立てて接続詞に行き、共有情報などをダウンロードするという感じみたいです。
FireFoxなどのアドオンに組み込まれれば面白いかも!

ソフトのセットアップは、基本的に「次へ」のみでいけます。
Nyzilla_1.jpgNyzilla_2.jpgNyzilla_3.jpg
Nyzilla_4.jpgNyzilla_5.jpgNyzilla_6.jpg
Nyzilla_7.jpgNyzilla_8.jpg
インストールが完了したら、「Winny 初期ノード2」などで接続先のノード情報の収集です。ただし、そのままだと難読化されているので「Winnyの初期ノードからIPアドレスを復元 ― イミフProject」さんのサイトなどで読めるようにしておきます。

後は「Nyzilla 1.0」を起動。
Nyzilla_9.jpgNyzilla_10.jpgNyzilla_11.jpg
起動時のスプラッシュスクリーンがウインナーで吹いた(笑)
先ほど解読したIPアドレスとポート番号を
winnytp://192.168.24.2:7743/
のように入力して、隣の「接続」にチェック入れれば調査開始ですよ。
ポート0にするか聞いてくるので、素直にPort0にしておきましょう。

Nyzilla_12.jpg
こんな感じで分かるみたいです。おそろしや!

意外に、Winnyネットワークは国外にも広がってるんですね。
アメリカとか、韓国とか、その辺のIPも普通に「他のサイト」タブに出てきてました。

間違ってはいけないのは、このツールで分かるのはあくまでそのファイル名のファイルを持っている可能性が高いって事。実際に落としてみないと、本当にそのファイルかどうか分かりません。
違法っぽい名前でも、実際にはポエムのファイル名だったり、パスワード付きのねつ造ファイルで共有していても合法で問題ない場合はあります。
まー、それでも一部の技術者しか見れなかったWinnyネットワークを、普通の人が見れるようになったのは面白いですね。
見る以外に使い道無いけど。

たぶん今後もバージョンアップするだろうし、これからのNyzillaに期待。
是非ボットを見分けれるようにしていただきたい。

| コメント(2) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/1138

コメント(2)

別のサイトでこのソフトを知ったら、すでにやまひでさんも書かれていたヽ(・ω・)/下方に書かれているように、確かに懸念材料があるのも事実ですし。
きっとこれからはWinnyだけではなく、他の類似した共有ソフトにも対応するか、同様の機能をもった閲覧ソフトがでてくるかもしれませんね。
(ノ´∀`*)

>OKI さん
某巨大掲示板群だったら同じソース元ですね。
個人的には、今までも人によっては見れてたし、あんまり状況変わらないと予想。
「ちょっと試してみようかな」というユーザは減りそうですが。

他の共有ソフトのツールが出てきたら、それはそれで面白いですね。
見る以外に使い道無いけど!
どうせなら、すべてのネットワークに繋げるハイブリッドタイプがいいですね。

コメントする