映画「劇場版 涼宮ハルヒの消失」見てきた

DSCF0803.jpgDSCF0800.jpgDSCF0801.jpg
DSCF0802.jpgDSCF0921.jpg
2010年2月6日公開の劇場版 涼宮ハルヒの消失観てみた-。
大阪 梅田ブルク7にて、一般1,800円ですよ。
梅田ブルク7自体の場所は、梅田第4ビルの1階を駅よりに行ったところでした。
地下で行くと迷うので、地上より行きましたけど(笑)

映画の上映時間は150分です。
見る前に、トイレ行っといた方がいい時間ですね。

この映画、劇場によってはセリフがあったり無かったりするみたい。
今日もやられやく 『涼宮ハルヒの消失』上映館や時間帯によってキョンのセリフが一部カットされてる模様
ブルク7では、ちゃんと「俺には全く笑えない事だった」があった。
でも、無いバージョンも見てみたい気もする。

以下、ネタバレ含む感想など。

内容的には、原作の小説通りでした。
制作が京都アニメーションですし、その辺りは安心ですね。

クリスマス前に、長門有希が涼宮ハルヒの力を使い世界を改変。一人、その改変から逃れたキョンが、長門の残した修正プログラムを起動させて、元に戻る感じです。
改変後の世界では、朝比奈さんは全くキョンを知らず、長門は普通の文芸部員、ハルヒと古泉は別の高校に進学という中、全員を部室に集結させプログラム起動。
朝比奈さんはその際当然拉致られるんですが、その仕草が最初と同じで、周りで吹いてる人がたくさんいた(笑)

見所的には、長門が可愛い仕草をしてくれます。
まぁ、初見の人向けの映画ではなく、元々そういうキャラじゃないと知ってる人でないと面白くないですけど。
とりあえず、ハルヒのポニーテールありました! (ぇw

描画自体は、めちゃめちゃ動きまくりです。
気合いはいってるなーという感じでした。

曲なども、場面場面でいい感じ。
OPは「冒険でしょでしょ?」で、映像が新しい感じ。
EDは「優しい忘却」のアカペラな独唱版、映像はスタッフロール。

スタッフロールのあとに、長門が図書館で本を読んでるシーンあります。


こんな感じで、そこそこ面白かったです。
ただ、世界観を知っている人前提な映画なので注意は必要かも。
見に行こうという人が、知らない訳無いでしょうけど。

劇場版 涼宮ハルヒの消失 オリジナルサウンドトラック劇場版 涼宮ハルヒの消失 オリジナルサウンドトラック
エミネンス交響楽団
ランティス 2010-01-27
売り上げランキング : 145

おすすめ平均 star
star迫力満点、買って損なし
star映画本編に花を添えるオーケストレーションの数々は必聴です。
star良い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/1187

コメントする