LANカード「Intel Gigabit CT Desktop Adapter EXPI9301CT」を買ってきた

WindowsServer2008_Hyper-V_Realtek_RTL8168B_8111B_1.jpgWindowsServer2008_Hyper-V_Realtek_RTL8168B_8111B_2.jpgWindowsServer2008_Hyper-V_Realtek_RTL8168B_8111B_3.jpg
使用中のWindowsServer2008 R2が、無反応状態になってハングしてたわけですが、その直前に必ずシステムログで「操作可能ではなくなりました」と報告が上がってたのに気づいた。
デバイスIDをレジストリで検索すると、「Realtek_RTL8168B/8111B Family PCI-E Gigabit Ethernet NIC (NDIS 6.20)」なる表記が・・・。蟹かよっ!

それならばと、Intel Gigabit CT Desktop Adapter EXPI9301CT買ってみたー。
価格はCOMPMOTO3,472円ですよ。
DSCF1108.jpgDSCF1102.jpgDSCF1104.jpg
搭載チップはIntel WG82574Lです。最後のLが表すとおり、低消費電力タイプ。
接続バスは、PCI Express x1。
対応速度は、10/100/1000 Mbps。

DSCF1098.jpg
とりあえず意味もなく2個買ってみた (ぇ

File_Copy_Test.jpg
換装後に違うPC間でコピーのテストをしてみた。
蟹だと15MB/s程度だったのが、54.0MB/sに改善。
元々の環境が良くないんですが、普通にいい感じの速度へなりましたよ。

後はこのまま、前回より頻発している操作不能のブラックアウトが改善すればOK。

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/1211

コメントする