Ghost WalkerでWindows PCのSIDを書き換えるディスクを作る

Windows PCは固有のSIDを持っている訳ですが、Ghost Walkerはそれを書き換えられるらしい。
そんな訳でSymantec Norton Ghost 2003使って、パソコンのSID書き換えるフロッピーディスク作ってみたー。
やる前は難しそうと思ったんですが、全然そんな事無いですね。
Ghost 2003は前回買ってるのでそれを使用。

まずは、Norton Ghost 2003のインストールです。
普通にWindows XP Professionalのマシンに導入。
特にこれは引っかかるところもないかと。

続いて、MS-DOS起動用フロッピーの作成。
gw_1.jpggw_2.jpg
フロッピーディスクを右クリックして「フォーマット」を選択。
一番下の「MS-DOSの起動ディスクを作成する」にチェックして開始を押します。

フォーマットが完了したら、次は「ghstwalk.exe」をフロッピーへコピーします。
gw_3.jpggw_4.jpg
標準の場所だと、以下のフォルダに置いてあるはず。
C:\Program Files\Symantec\Norton Ghost 2003
そのまま、普通にAドライブへコピーで問題ないです。

コピーし終えたら、フロッピー内の「AUTOEXEC.BAT」を右クリックして編集を選択。
gw_5.jpggw_6.jpg
メモ帳が起動するので、その中に「ghstwalk.exe」と記入すればOKです。

基本的なPCなら、これだけで準備完了。
SATA/SCSIなどのデバイスにHDDを繋いでいる場合は、ドライバの組み込みが必要ですけど。

作ったフロッピーを挿入したまま、PCを起動すると次の画面になります。
Ghost_Walker_01.jpg
適当にエンターキーを押してしまいましょう。

次に進む際、ドメインに参加済みの場合は以下の警告が出ます。
Ghost_Walker_02.jpg
ドメインに入ったままSID変えるのは面倒だから、ドメイン離脱してworkgroupへ参加しろとの事。
素直に「N」キーを押して、ドメイン抜けた後もう一度するべし。

Ghost_Walker_03.jpgGhost_Walker_06.jpg
次の画面にて、コンピュータ名を変えたりそのままSIDを書き換えたり出来ます。
コンピュータ名変える場合は、「N」キーを押せばOK。ただし、文字数は変更前と合わせる必要があります。文字が増えても減っても駄目。
問題なければ、エンターキーを押してSID書き換え。

Ghost_Walker_04.jpgGhost_Walker_05.jpg
左下で棒がクルクル回った後、赤い画面で「UPDATE REPORT」が表示されれば成功です。その場でSIDが変わっているのを確認できるはず。


ちなみにこのGhost Walker、Windows Server 2003でも利用可能。
Ghost_Walker_08.jpgGhost_Walker_09.jpg
Machine Nameの変更も、SIDの変更も問題なく完了しました。


ただし、Windows Vista / Windows 7は使えませんでした・・・。
Ghost_Walker_07.jpg
 No Bootable 9x or NT Installations detected on this machine
 Hit any key to continue_

非常に残念ながら、上記のエラーが表示されます。
Longhorn系のOSは非対応のようです。


Windows Server 2003にも使えたのは驚き。
これは設定済みのOSをクローニングして、どう環境をバシバシ複製できますね。
一人データセンターも、これで工数削減。(笑)
どちらかというと、Windows Server 2008で使えた方が嬉しかったですけど。

2008は普通通り、Sysprepとバッチ使っての初期設定ですかねー。

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/1253

コメントする