登山って事で「富士山」へちょっとだけ登ってみた

DSCF2297.jpg
フジヤマー!
って事で、昨日の2010/08/08ですが「富士山」の山頂目指して登山をしてみたー。
登山計画はほとんど無しです!まー、リュックは買ったからいけるでしょ的な。

8月8日の富士山は、微妙に雲がかかってました。
静岡地方の天気予報は、曇りのち雨です。
早めに登らないと死にかけるかも?

富士山へは、JR富士宮駅よりタクシーで9,000円でした。
バスもあったようですが、待つのメンドイのでいいやと。
途中でコンビニにも寄ってもらえますしね。

富士宮口登山道より頂上を目指します。

DSCF2299.jpg
そんな訳で、10:49に登山開始です。
既に結構な人たちが登り下りしてます。
負けじと頑張りますよ。

DSCF2301.jpgDSCF2303.jpg
なだらかな道をたどっていくと、あっさり6合目へ到着。
時刻は‏‎11:01です。
12分で1合分を登れるとか楽勝じゃね?っとこのときは思ってました・・・。

DSCF2305.jpgDSCF2307.jpg
‏‎斜面がきつくなり、岩場が少しずつ出てきた道をたどって新7合目へ。
時刻は11:45です。
6合目から44分で到着しましたが、この時点でかなりバテてました。
写真の通り、登ってる最中に後ろを見ると、綺麗な景色が広がってるのが勇気づけられます。
少しずつ休憩を取りながら、さらに登りますよ。

DSCF2310.jpgDSCF2311.jpgDSCF2314.jpg
30度以上ありそうな斜面を登り、元祖7合目へ到着。
時刻は‏‎12:25です。
てっきり8合目かと思っていたので、期待を裏切られて疲労倍増。

DSCF2317.jpgDSCF2320.jpg
そして、さっきより平坦な道を上って8合目へ到着。
時刻は‏‎13:08です。
この8合目から、風が強くなってきて寒いです。
軽いジャケットを上に着込んで、まだまだ登りますよ。

DSCF2324.jpgDSCF2327.jpgDSCF2329.jpg
お金の挟まっている木の棒とか、ちいさなお地蔵さんを見ながら9合目へ到着。
時刻は13:45です。
正直、この時点で山頂とかどうでもよくなって、まっすぐ部屋へ帰りたくなりました。(笑)
歩幅を小さく、自分の靴のサイズ分ずつ足を前に出しながら、ゆっくり登山。
すでにやる気セロです。

DSCF2334.jpgDSCF2339.jpgDSCF2340.jpg
万年雪をみつつ、さらに険しくなった登山道を上って9.5合目へ到着。
時刻は‏‎14:23です。
よちよち歩きなので、かなりペースが遅くなってます。
最初の気持ち的には、14時には山頂に着いてる予定だったんですけどね。

DSCF2343.jpgDSCF2345.jpg
そんなこんなで疲れつつ、一歩一歩進んでいくと山頂です!
わっほー!
時刻は‏‎15:11です。
5合目から頂上までの登山時間は、4時間22分でした。

山頂に、富士山頂郵便局もありましたが閉まってました。
ハガキ下から持ってきてなかったので、残念ながら何も出せません。
14時までにつけば開いていたみたいですけどね。


今回の富士山登山。
正直参った。降参です。

簡単に登れるんじゃね?と思っていたわけですが、現実は甘くない。
ヘリコプターってチャーター出来ないかなぁと、途中で本気に考えてましたよ。(笑)


山頂付近から、下を眺めるとこんな感じの風景でした。

ボーボーいってるのは風です。
普通に山頂は寒い。

DSCF2361.jpg
富士山火口付近はこんな感じです。

火山口なのに、全然熱くない。むしろ寒い。
富士山、本気出してくださいよ・・・。(笑)


下山は、‏‎15:45より下りはじめて、19:42分に5合目へ到着。
時間は3時間57分かかりました。

下りるとき、砂とか踏むと滑りまくりで危ないですね。
靴がスニーカーだったのが一番の原因ですけど。
滑るのなら最初から滑らせればいいとスケート風に足を動かしてみたものの、確かに不意に滑る事はなくなりますが靴に砂が入るおまけつき。
普通に歩くのが一番です。

5合目へつくと、そのままタクシーに乗り込みJR三田駅まで直行。
運賃は12,000円でした。


さて、富士山登山でのまとめですが、次の3つを再発見。

1.世の中、お金で全て解決できる!
何を言い出すんだという感じですが、事実です。
今回、登山にあたり水分を2L背負っていったんですが、コレが重いのなんのって。
で、各山小屋では500mlペットボトルを400円で販売しているわけですよ。
トータルで費用を考えると、背負って行くより飲みたいときに上で買った方がお得です。
その方が体力も使いませんしね。
逆に自分が運んだ水分を400円で売りたいかと聞かれれば、答えはNOです。
つまり、自分のは400円以上の価値があるわけで、それを持ってるという事は損です。
山小屋がある登山道では、お金だけ持っていくのが賢いかもしれません。

2.雲はやっぱり水蒸気だった!
理科の授業などで雲が水蒸気なのは学びますが、実感する事はほぼ無いです。
しかし富士山では、普通に雲がかかります。
その中をすすむと、髪の毛などに蒸気がくっつき、もれなくベチョベチョになります。
それに気づいたときには、時既に遅し。
知識だけではダメですねー。

3.面白い事は常に考えておくべし
登山道、外国の方になにか聞かれた方がいました。
その人がすかさず行った言葉は「You can do it」(あなたなら出来る)です。
いや~、度肝を抜かれました。(笑)
あと小さい子供も、セカチュウ風に「助けてください」と叫んでました。
たしかに、世界ではないけど位置的には日本の中心ですね。面白い。
まったくもって、自分はそういう事考えてませんでした。残念。


そんな感じで、初の富士山登山は無事に完了です。
道中、かなりキツイです。
やはり山小屋を予約して、ゆっくり登った方が良さそうですね。
でないと、自分みたいに「2度と登るもんか」という感想しか残りません。

忘れた事に、今度は違う山目指してみますかねー。

| コメント(2) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/1356

コメント(2)

(・ω・)ノ 良いレポートありがとうございます。

写真や動画が沢山あって、大変楽しかったです♪

やっぱり、富士山に初登山するなら、日帰りではなくて、
山小屋かor麓の施設などで宿泊するなどして、
あまり時間に追われない感じで、余裕を持って楽しみたいな~と感じました♪♪

初めまして。
読んで頂き、ありがとうございます。

時間に追われないのは重要ですね。
自分は下山時、かなり周りが暗くなっており
何度も岩につまずきましたし。

なにより、せっかく登ったのにご来光を見れないのも残念です。

i320さんは、是非余裕を持った計画で登られてください。

コメントする