Windows Server 2003のページプール・非ページプールサイズはProcess Explorerを使って確認できるとか

ページプールと非ページプールは、パフォーマンスカウンタでしか確認できないと思っていたら、普通にProcess Explorerを使って確認できるらしい。
そんな訳で、Windows Server 2003 32bit版を使って早速自分でも試してみた。

やり方については、AskCoreのブログにて確認。
リソース不足について - 第 3 回 - Ask CORE - Site Home - TechNet Blogs
かなり簡単そうで、確認するだけなら再起動も不要です。
覚えておけば、リソース不足などの障害発生時に使えるかも。


まずは、Debugging Tools for Windowsのインストールです。
Debugging Tools for Windows 32-bit Versions
Debugging Tools for Windows 64-bit Versions

32bit版は17MBぐらい、64bit版は24MBぐらいです。
ダウンロード後、対象サーバへインストール。

つぎに、Process Explorerのダウンロードです。
Windows Sysinternals - Process Explorer
NonPagedPool_Limit_ProcessExplorer_01.jpgNonPagedPool_Limit_ProcessExplorer_02.jpgNonPagedPool_Limit_ProcessExplorer_03.jpg
ProcessExplorer.zipを解凍すると、3つのファイルがあります。
その中の「procexp.exe」を実行。
ライセンスに同意するか聞かれるので、同意してもよい場合は「Agree」ボタンをクリック。
するとProcess Explorerが起動します。

NonPagedPool_Limit_ProcessExplorer_04.jpgNonPagedPool_Limit_ProcessExplorer_05.jpg
それからシンボルファイルの設定です。「Options」「Configure Symbolse...」を選択。
DebuggingToolsをインストールしたパスと、Microsoftのシンボルサーバを指定します。
Dbghelp.dll path:
C:\Program Files\Debugging Tools for Windows (x86)\dbghelp.dll
Symbols path:
SRV*http://msdl.microsoft.com/download/symbols

ネットワークのトラフィックを減らしたい場合は、シンボル用のキャッシュディレクトリをSRV*の後に書けば、以降シンボルをキャッシュしてくれます。

NonPagedPool_Limit_ProcessExplorer_06.jpgNonPagedPool_Limit_ProcessExplorer_07.jpgNonPagedPool_Limit_ProcessExplorer_08.jpg
あとは「View」「System Information」を選択すれば、カーネルメモリのページプールサイズやノンページプールサイズが確認できます。
今回は、ページプール362MB、非ページ261MBです。


ファイルサーバなどでページプールが枯渇する場合は、次のレジストリで拡張可能です。
NonPagedPool_Limit_ProcessExplorer_09.jpgNonPagedPool_Limit_ProcessExplorer_10.jpgNonPagedPool_Limit_ProcessExplorer_11.jpg
キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management
値:PagedPoolSize
データ:ffffffff

もっとも、boot.iniに/3GB起動スイッチを設定していた場合は、これをすると余計に不安定になりますが。排他の設定です。

レジストリ変更後、OSの再起動を行えばProcess Explorerで確認可能。
NonPagedPool_Limit_ProcessExplorer_12.jpgNonPagedPool_Limit_ProcessExplorer_13.jpg
Windows Server 2008からはページプール最大化は不要らしいですけど。


そんな感じで、ページプールと非ページプールの確認は簡単ですね。
もっともリソース枯渇時にインストーラーなどは使えないと思うので、事前にDebugging Toolsだけは仕込んでおく必要性がありそうですが。
リソースをあんまり機にしなくていい、64bitのOSが早く普及して欲しいものです。

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/1363

コメントする