プログラミング言語RubyがJIS規格の「JIS X 3017」に制定されたらしい

RubyがJIS規格化 日本発プログラム言語として初めて - ITmedia News

独立行政法人・情報処理推進機構(IPA)は3月22日、RubyがJIS技術規格(JIS X 3017)として制定されたと発表した。日本発のプログラム言語がJIS規格化されるのは初。今後、国際規格化に向けてISOとIECの合同技術委員会に提案する予定。
IPAに設置したRuby標準化検討ワーキンググループで文法や基本的なライブラリなどの言語仕様のJIS規格化に向けた原案作成を進め、Rubyコミュニティーと日本工業標準調査会のレビューを経てJIS規格として制定された。
同規格に準拠してRubyプログラムを開発することで相互運用性の向上が進むほか、官公庁などでの採用も期待できる。
IPAは国際標準化に向けて、ISO/IECの合同委員会「JTC 1」に対して国際標準化の提案をするよう、日本工業標準調査会に申し出を行った。
日本発プログラム言語「Ruby」が規格化されるようですよ。
自由度が売りで、縛られることが無いと思っていましたが、どうやら固めるようです。

もともと、筑波大学の中田育男教授などがRuby標準化検討ワーキンググループを設置して、Rubyの標準化を進めていた結果のようです。
ガラパゴス規格になりそうですが、一応ISO/IEC JTC 14に申し出るとか。
プログラム言語Rubyが主流になる日も近い?!

個人的には、最近C#を触っているので、これで十分の気もします。
とくにWindowsだと、たった数行で簡単な作業をプログラムできるので感動もの。
LinuxやUNIXだと、Perlが必ず動くので、Perlでいいじゃんと思ってしまいますし。

Rubyだからこそっといえるものは、やはり自由度だと思うんですけどね。
今後どうなっていくのかが気になります。

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/1572

コメントする