YAMAHA製ルーターに脆弱性があり不正リブートしてしまうらしい

ヤマハのルーター製品に脆弱性、RT100iから現行機種まで該当製品多数 -INTERNET Watch

ヤマハ株式会社は11日、同社製ルーター製品にDoS攻撃を受ける可能性のある脆弱性が存在するとして、情報を公表した。
脆弱性が存在するルーターは、RT300i/250i/200i/140シリーズ/107e/105シリーズ/103i/102i/100i/80i /58i/57i/56v、RTA55i/54i/52i/50i、RTV700、RTW65i/65b/60w、RTX3000/2000/1500 /1200/1100/1000、SRT100。1995年発売の「RT100i」から現行機種まで多数の製品が対象となっている。
脆弱性は、IPヘッダーの特定個所に不正な値が挿入されていると、不正なメモリー領域を参照してしまうため、場合によってはルーターがリブートすることがあるというもの。これにより、外部から特別に細工したパケットが送りつけられることで、攻撃を受ける可能性がある。
(以下略)

結構大きな問題?!
そんな感じで、ヤマハのルーター製品に脆弱性があるとか。
対象商品を見ると、ほとんどの製品が同じようなファームウェアを使っていたんだなぁと再認識。
いちいちスクラッチで開発なんてやってられないですよね。

我が家での該当製品は、以前貰ったYAMAHA RT105eぐらい。
ただし、この製品はメインで使っていない(電源入れてない)ので、特に影響はないです。

これを機に、古いYAMAHA製ルーターはリプレースすべきですかね。
なんだかんだ言って、結構古いルーターを持ってたり使っていたりするところがありますし。
これは営業の腕の見せ所かと。
まぁ、古い製品にも対策済みのファームウェアを順次リリースする予定みたいなので、案件としてはあんまり無いかもしれませんが。

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/1600

コメントする