次期OSの 「Microsoft Windows 8 M3 build 7989」 をインストールしてみた

ちゅんつさんのブログによると、Windows 8 M3(マイルストーン3)のビルド 7989 がインターネット上に流出しているとか。
コンパイルされた日は2011年4月11日のようなので、最新という訳ではないですが新しい物ですので試してみますよ。一部の機能については制限が行われいるようで、プロダクトキーか何かを入力して制限の解除が必要とのこと。
残念ながら、そのキーが何かは分かりませんけど。

まずは適当にダウンロードです。ファイルで直接落としたい場合はGFXTRA.comからいけるみたい。
Windows 8 build 7989 ダウンロード 6.2.7989.0.amd64fre.winmain.110421-1825.iso.torrent
File Name: 6.2.7989.0.amd64fre.winmain.110421-1825.iso
ISO Size: 3.54 GB (3,811,213,312 bytes)
ISO MD5: 4480F94C0E11CE58DC9B7330678F07DD
SHA1: C09CDCEC2540D93EEBE650B521B2F7AE477A300A
CRC32: 374EC90D

インストール時の注意としては、VMware Workstation仮想環境へは無理という事です。
どうもグラフィックかHALあたりの場所でVMware自体がハングアップするみたい。
Oracle VM VirtualBoxやMicrosoft Hyper-Vでは問題ないので、そちらでインストールする必要があります。私はHyper-Vにて検証です。

windows-8-build-7989-01.jpgwindows-8-build-7989-02.jpgwindows-8-build-7989-03.jpgwindows-8-build-7989-04.jpg
まずはCDを入れて、OSのインストーラーより起動します。
ぱっと見るとWindows7と表示されるので騙されたかと思いましたが、そのまま続行。

windows-8-build-7989-05.jpgwindows-8-build-7989-06.jpgwindows-8-build-7989-07.jpgwindows-8-build-7989-09.jpg
windows-8-build-7989-10.jpgwindows-8-build-7989-11.jpg
インストール画面は、そのままWindows7と同じです。
アップグレードかカスタムインストールか、インストールドライブをどうするかを選べば、あとは勝手にインストールを開始してくれます。
インストールが終わると、自動的に再起動。

windows-8-build-7989-12.jpgwindows-8-build-7989-13.jpg
そして、OS起動中の画面として魚が表示されます!(笑)
Windows7のベータの壁紙にいましたが、Windows8でもベータの印として生きているようです。
ちょっとだけ、この瞬間に思わず吹きました。
その後なぜかSysprepが実行され、また再起動です。

windows-8-build-7989-15.jpgwindows-8-build-7989-16.jpgwindows-8-build-7989-17.jpgwindows-8-build-7989-18.jpg
windows-8-build-7989-19.jpgwindows-8-build-7989-20.jpgwindows-8-build-7989-21.jpgwindows-8-build-7989-22.jpg
windows-8-build-7989-23.jpg
その後の設問もWindows7と同じですが、一部違う場面も。
Windows7はPC名がユーザ名でパスワードのみ設定でしたが、Windows8はパスワード設定欄の一番上にユーザ名を入れるところが出来ていました。
ちょっと場所がずれているだけですけどね。

windows-8-build-7989-Desktop1.jpgwindows-8-build-7989-Desktop2.jpg
そうして起動したWindows 8 M3 build 7989はこんな感じです。
ソフトウェアキーボードはタスクバーの右下にアイコンがあり、そこをクリックすると起動します。

windows-8-build-7989-Desktop3.jpgwindows-8-build-7989-Desktop4.jpg
コンピュータのプロパティを見てみると、エディションはWindows 7 Ultimateになっていました。
それから「Hewlett-Packard」の表示があるので、HPから流出した物のようですね。Sysprepが走ったのも、たぶんこれが原因かと。
IEを起動してみると、Windows Internet Explorer 9.0.7939.0でした。てっきりIE10とかその辺りのバージョンかと思ったんですが、マイルストーンなのでそこまで変更は加えていないのかも。

ちょっぴり使ってみましたが、残念ながら新機能はどれかよく分かりません。
やはりキーを入力して制限解除してみないと分かりませんねぇ。
そのうちベータが始まると思うので、その時に再チャレンジですよ。

| コメント(2) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/1676

コメント(2)

Hyper-Vでの検証ありがとうございまーす。キーは探してますが、まだわからないです。探している間にベータ版でしょうけど・・・。別ですがwin8menuのアプリを試してください。

「Win8Menu」って、試されていたタブレット用ユーザーインターフェースですね。
今回は、まずは基本的な部分で変わったところを探していました。
途中でマインスイーパに捕まってしまい、かなりの時間ロスを計上しましたが。(笑)

Win8Menuについては、今度動かしてみます。

コメントする