ハードディスク「TOSHIBA MK5061GSYN (500GB)」を買ってきた

DSCF4392.jpgDSCF4393.jpgDSCF4394.jpg
A-DATAのSSDがフォーマットすら出来ないというすばらしい状態になったので交換用。
そんな訳で、ハードディスクドライブ東芝 2.5インチSATA接続ハードディスク 500GB MK5061GSYNを買ってきたー。
ソフマップ梅田店にて5,980円です。

東芝製2.5インチHDDで、回転数は7,200rpmの容量500GBです。
バッファは16MBで、3Gbps Serial ATA対応、厚さ9.5mm。

速度をCrystalDiskMarkで計るとこんな感じでした。
TOSHIBA MK5061GSYN CrystalDiskMark.png

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.1 x64 (C) 2007-2010 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 172.435 MB/s
Sequential Write : 169.892 MB/s
Random Read 512KB : 55.034 MB/s
Random Write 512KB : 66.366 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 0.684 MB/s [ 167.0 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 1.623 MB/s [ 396.3 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 1.582 MB/s [ 386.1 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 1.608 MB/s [ 392.7 IOPS]

Test : 1000 MB [E: 0.0% (0.1/465.8 GB)] (x5)
Date : 2011/08/18 16:22:10
OS : Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition (Full installation) SP1 [6.1 Build 7601] (x64)

シーケンシャルだと、リード/ライトともに170MB/s前後出ています。
2.5インチのHDDとしては、かなり優秀な方かと。OSがWindows Server 2008 R2なので、クライアントOSで計ると違う値になるかもしれませんが。

速度計った後は、メインマシンのSSDをHDDと交換して、Windows 7を導入。
使ってみた違いとしては、やはりSSDの方が起動は速いけど、データの並列書き込みHDDの方が早いなぁという印象です。
SSDも大容量のものは、内部でメモリモジュールへRAID0で高速化していますが、容量の少ないものはその恩恵が少ないんですよね。同じ価格帯なら、HDDの方がいいなと再認識。

まぁそれでも、HDDは消費電力的にアウト気味なんですけどね。世の中の節電的に。
すでにPCファンの回転数が、SSDの頃よりも多めに回っております。
ちょっぴり、このあたりはスルーです。
これから、SSDのように壊れるまで使い倒していきますよ。

東芝 2.5インチSATA接続ハードディスク 500GB MK5061GSYN東芝 2.5インチSATA接続ハードディスク 500GB MK5061GSYN

東芝
売り上げランキング : 122453

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| コメント(0) | トラックバック(0) |
■Yahoo!オークション おすすめ商品■
Web Services by Yahoo! JAPAN

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://type-y.com/mt/mt-tb.cgi/1734

コメントする