Windowsのインストールでドライブの先頭に「システムで予約済み」を作らずにセットアップする方法


Windows Server 2008 R2 x64 1.png
Windows Vista以降のOS(Windows Server 2008含む)では、既定でOS領域とは別に128MBの「システムで予約済み」パーティションが作成されます。
これは、Microsoft予約パーティション(MSR)と言われるもので、EFIのブートローダ情報や暗号化する際のBitLocker用の領域として使用されます。

uEFIモードでOSインストールする時にはあった方がいいかもしれませんが、BIOSで動作していたりEFIをBIOS互換モードに設定しているときにMSR領域は不要です。
またBIOSモードで使用しているディスクにMSR領域があると、Symantec System Recovery(旧:BESR)やAcronis Backup & Recovery 10などで、フルバックアップ+データ消去+リストアテストをすると復元できないことがあったりします。Acronisは最新のBackup & Recovery 11では対応しているようですが、MSR領域がない方がスッキリな感じなので、MSR領域を作成せずにOSをインストールする方法です。

Windows Server 2008 R2 x64 2.pngWindows Server 2008 R2 x64 3.png
まず、普通にWindowsのDVDからインストーラーを起動します。今回はWindows Server 2008 R2を使用していますが、Windows 7等でも同じはずです。
「インストールする場所を選択してください。」と表示されハードディスクの選択が表示されたら、ここでキーボードの[Shift]+[F10]を押します。
そうするとコマンドプロンプトが起動します。
ディスク装置0を1パーティションで区切る場合は、表示されたコマンドプロンプトに次のよう入力すればOKです。
diskpart
select disk 0
create partition primary
exit
exit

Windows Server 2008 R2 x64 4.pngWindows Server 2008 R2 x64 5.png
最後のexitを入力するとコマンドが終了し、元の画面に戻ります。
ここで左にある「最新の情報に更新(R)」というのを押せば、MSR領域が作成されずにシステムドライブだけでインストールすることが出来ます。

Windows Server 2008 R2 x64 2.pngWindows Server 2008 R2 x64 6.pngWindows Server 2008 R2 x64 7.png
ディスク装置0を、OSとアプリドライブの2パーティションで区切る場合は、同様の[Shift]+[F10]手順で次のように入力すればいいはず。ここでは30000MB(30GB)で作成しています。
diskpart
select disk 0
create partition primary size=30000
exit
exit

パーティションを作成後は、通常通りにインストールを進めていけばOKです。
サーバで2TB以上使うときは注意が要りますが、そもそもそんな大きなデータをWindowsで扱うのは間違っている気がするのでMSR領域なんて不要です。
これで少しだけ身軽な雰囲気を味わうことが出来ますよ。

標準テキストWindows Server 2008 R2 構築・運用・管理パーフェクトガイド 標準テキストWindows Server 2008 R2 構築・運用・管理パーフェクトガイド
知北 直宏

ソフトバンククリエイティブ 2010-01-27
売り上げランキング : 27665

Amazonで詳しく見る by G-Tools

信長は俺の嫁。 オンラインゲーム

One comment

  • 匿名
    2015/03/21 - 02:14 | Permalink

    2テラ以上扱うよ。何寝ぼけてんだ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。