Windows 8 Enterprise 90日間評価版をインストールしてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る

次期WindowsのクライアントOSである、Windows 8の評価版が提供されているようです。
そんなわけで、メインで使用しているPCのOSを、Windows8 評価版にしてみたー。

まずインストールに使用するDVDイメージは、下記よりダウンロードできます。
・Windows 8 Enterprise 90日間評価版 x86 2,532,515,840bytes (2.4G)
9200.16384.WIN8_RTM.120725-1247_X86FRE_ENTERPRISE_EVAL_JA-JP-HRM_CENA_X86FREE_JA-JP_DV5.ISO
・Windows 8 Enterprise 90日間評価版 x64 3,497,592,832bytes (3.3G)
9200.16384.WIN8_RTM.120725-1247_X64FRE_ENTERPRISE_EVAL_JA-JP-HRM_CENA_X64FREE_JA-JP_DV5.ISO

ダウンロード後、USBにインストールイメージを展開するか、DVD-Rにイメージを焼き付ければ、セットアップを行うことができます。OSセットアップ自体も簡単で、基本的に次へを押していけば完了します。
初期でインストールされたプロダクトキーは「MJ8TN-42JH8-886MT-8THCF-3667B」でした。

初期ユーザを作成後、コンピュータの管理を開こうとしたけど開けずに途方にくれます。
デスクトップを表示して個人設定から、デスクトップアイコンを表示して、コンピュータを右クリックして管理を押し、Administratorを有効化しました。
他にもちょいちょい引っかかる点はあるものの、基本的にWindows 7を使用したことある人なら、ほとんど同じ設定なので分かりやすいかと思います。

そして以前は「Metro」と呼ばれていたユーザーインタフェースは、現在は「Windows 8 style UI」へ名称変更となりました。このWindows 8 style UIは使いにくいとWebなどに書かれていましたが、ちゃんと自分の使うアイコンをトップに持ってくると、むしろ実行を早くできるし使いやすいんじゃないかと思います。
私の場合は、下記のようにWindows 8 style UIとデスクトップとで同じアイコンを表示しています。
Windows8_Metro.pngWindows8_Desktop.png

ちょっと気になる点としては、右のバーの検索からアプリで「cmd」と入力しても、コマンドプロンプトが起動しない点ですかね。「notepad」や「regedit」は反応するんですが、「cmd」だけ仲間外れにされています。
ファイル名を指定して実行だと「cmd」も叩けるので、名称か何かが違うんですかね。

あとフォントもWindows 7より小さい気がします。
この辺りは慣れの世界だと思うので、そのうち気にならなくなると思いますけど。

これからWindows 8を、ガッツリ90日間評価していきますよ。

早わかりWindows8―新OSの「特徴」と「使い方」をチェック! (I・O BOOKS) 早わかりWindows8―新OSの「特徴」と「使い方」をチェック! (I・O BOOKS)
I O編集部

工学社 2012-04
売り上げランキング : 10018

Amazonで詳しく見る by G-Tools

信長は俺の嫁。 オンラインゲーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。