ストレージ「Intel SSD 330 Series 120GB MLC SSDSC2CT120A3K5」ですよ


RIMG1305.jpg
最近、Intel SSDがまた高パフォーマンスらしいです。
そんなわけで、ストレージIntel SSD 330 Series Maple Crest 120GB MLC 2.5inch 9.5mm Reseller Box SSDSC2CT120A3K5ですよ。
Amazonにて7,369円です。

SSD本体に加えて、3.5インチのマウンタ、SATAのケーブル、電源ケーブル、ネジ、CDなどが付属しています。ただしCDの中身はただのマニュアルだったので、あんまり意味がないかも。最近はCDドライブもつけてない人が多いですしいらないのでは。。。

CrystalDiskMark_HDDjpg.jpgCrystalDiskMark_SSDSC2CT120A3K5.jpg
まずは、交換前のHDD「SEAGATE ST31500541AS」と交換後のSSD「INTEL SSDSC2CT120A3」をCrystalDiskMarkにて計測。
シーケンシャルは3倍ほど高速化され372.2 MB/sという数字になり、ランダムアクセスでは100倍も違います。SEAGATEのスペックも普通に使えるレベルなんですが、SSDはやはり桁違いに早いですね。

Win7_エクスペリエンス_mae.jpgWin7_エクスペリエンス_ato.jpg
続いて、Windows7 エクスペリエンスインデックスにて測定。
こちらはプライマリーハードディスクの値が、5.9から7.9へなりました。

実際の体感はどのくらい違うかということで、PCにて電源ONから図ってみました。
◆SEAGATE ST31500541AS
 電源on~login画面表示 42秒
 Reboot ~login画面表示 59秒
◆INTEL SSDSC2CT120A3
 電源on~login画面表示 25秒
 Reboot ~login画面表示 31秒
それぞれ時間が2分の1ほどになっています。

CrystalDiskMark_SSDSC2CT120A3K5_ASROCK_ToolBox.jpg
最後に、インテルSSDの最適化・管理ツールIntel SSD Toolboxにてシステムを調整した後に、同じようにCrystalDiskMarkにてベンチマークを取ってみました。
少しだけ改善しましたが、もともとが早いので体感的には全くわかりませんね!(笑)

安くて速いSSDを求めている人には、かなりおすすめの商品です。
まだSSDを使ったことない人は、これを使ってぜひSSDデビューをしてみてください。

Intel SSD 330 Series Maple Crest 120GB MLC 2.5inch 9.5mm Reseller Box SSDSC2CT120A3K5 Intel SSD 330 Series Maple Crest 120GB MLC 2.5inch 9.5mm Reseller Box SSDSC2CT120A3K5

インテル 2012-04-13
売り上げランキング : 13

Amazonで詳しく見る by G-Tools

信長は俺の嫁。 オンラインゲーム

6 Comments

  • 散財さん
    2012/09/18 - 21:08 | Permalink

    SSDも安くなってきましたなぁ。120GBもあれば十分ですよね。

    • やまひで
      2012/09/19 - 22:54 | Permalink

      かなり安くなってきましたが、欲を言うと250GBぐらいまでは欲しいですよね。
      あと少したてば、これと同じぐらいまで価格が下がってくるかもしれませんけど。

  • ちゅんつ
    2012/09/18 - 21:47 | Permalink

    ノートでは実装済み(ocz系)ですが、デスクトップにほしいなー!お金ない

    • やまひで
      2012/09/19 - 22:57 | Permalink

      OCZですか、いいの使ってますね。
      A-DATAのSSDは安いですよ!個人的にA-DATAは嫌いだけど (笑)

  • wakatarou
    2012/09/19 - 10:08 | Permalink

    こんにちは。

    ストレージとして使う場合、耐久性(時間)はどの程度なのでしょうか?

    ランダムアクセス用途です。 Microsoft SQL Server 2008 R2 です。

    RAID1でミラーリングします。

    パソコンで使われる HDD でSATA 7200rmpは、耐久性なく、一般的には サーバーはSAS 15000rpm ですが

    SATA以上の耐久性があるなら 検討したいです。
    品質はいいようですが。

    • やまひで
      2012/09/19 - 23:06 | Permalink

      個人的に、昔A-DATAの64GB SSDが約1年で壊れました。
      コンシューマ向けのミドルレンジの製品ですし、それなりに割り切って使うべきです。

      耐久性はどっかで計算式見た気もしますが、SSD全体で使用する容量によって変わると思います。
      250GBのSSDを使っていても、空き容量が10GBぐらいしかないのであれば、結構早めにエラーが出始めるかと。一応同じメモリ以外に書き込むような機能がありますが、あまりあてにしてはだめです。
      OS用のSSD、SQL Serverのモジュール置場用SSD、DB用のSSD、トランザクション用SSDぐらいに分けてたらいいかもしれませんが。

      たぶんSSDとHDDを搭載できるストレージを買って、それにSAN接続した方が幸せになれるかも。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。