Monthly Archives: 11月 2012

映画

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を見てきました

1353316753674.jpg1353308844326.jpg
平日だけど、映画ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qを見てきたー。
梅田ブルク7にて大学生1,500円です。

まず番宣で待たされます。15分間も映画やアニメやゲームの予告です。
すごく長くて、周りからはため息が出てくるレベル。
そして始まる、スタジオジブリ最新特撮短編映画「巨神兵東京に現わる」。ナウシカとエヴァの繋がりがわからなくて・・・、特撮好きにはたまらない映像なんでしょうね。


反ネルフ組織ヴィレのアスカとマリがエバに乗り、幽閉されたいた初号機を宇宙で強奪。初号機は空中戦艦ヴンダーに組み込まれる。
初号機から発見されたシンジは、エヴァで来た綾波とともにネルフへ。そこでカヲルからサードインパクトについて聞かされ絶望。エヴァ13号機とロンギヌスの槍とカシウスの槍を使えば世界を戻せると聞いて、カヲルとともに複座式のエヴァ13号機に乗ってリリスのもとへ。
リリスに刺さっていたのは2つともロンギヌスの槍で、13号機が槍を引き抜きフォースインパクトが開始。フォースインパクトを止めるためにカヲルが自爆して、世界が滅ばずに済む。って感じでした。

正直言って、家で見る映画であって、映画館で観なくてもいいかなぁって思います。
なにより設定が難しい。私のようにちょっとだけ知っている人間には、いきなりリリスとか言われても何のことかわからないし、空中戦艦ヴンダーはどうやって飛んでいるのか不思議だし、ミサトがどうやって権力をまとめてヴィレを作ったのかとか、いろいろ分からないことだらけです。
前回の破が面白かったので、ちょいとギャップがあります。
間違っても、カップルや家族では見に行かない方がよさそうな映画でした。

予告ではエヴァ8+2号機なるものも出てきていました。
2もバラバラになったエヴァ2号機は、2個1しないと復活しないんですかねぇ。
次は「シン・エヴァンゲリオン劇場版:|I」らしいですよ。

Shiro SAGISU Music from“EVANGELION 3.0”YOU CAN(NOT)REDO. Shiro SAGISU Music from“EVANGELION 3.0”YOU CAN(NOT)REDO.
サントラ 鷺巣詩郎

キングレコード 2012-11-28
売り上げランキング : 6

Amazonで詳しく見る by G-Tools

日記

神戸市立博物館で「マウリッツハイス美術館展オランダ・フランドル絵画の至宝」を見てきた

1352860710564.jpg1352856446953.jpg
青ターバンで有名なあの絵です。ほんとは「真珠の耳飾りの少女」ってタイトルですけど、青ターバンの自己主張が大きすぎてかすんでしまいます。
そんな感じで、神戸市立博物館で「マウリッツハイス美術館展オランダ・フランドル絵画の至宝」を見てきたー。
料金は、大学生の当日券が1,100円でした。

平日に行ったんですが、おじいさん・おばあさん・学生風の人たちが沢山いて、絵を見る列はゆっくりしか進まない感じです。見ていく順番は、美術館の歴史、風景画、歴史画(物語画)、肖像画と「トローニー」、静物画、風俗画といった流れでした。
牡蠣を食べる絵は、実はエロい絵みたいですよ!

一番の目玉は「真珠の耳飾りの少女」なんですが、最前列で見ようとするとかなり蛇行している列に参加しなければならず、肩越しでよければ3列目ぐらいに普通に見れる方を選んでみました。
私が行ったときにはすでに30分待ちとかだったので、休日に最前列で見ようとするともっと待たないと見れないんだろうなぁと思います。
意外にも絵は小さかったのがびっくり。ポスターとかで大きく引き伸ばされているのが印象付けられてたので。

全部見終わった後に、関連物販で「真珠の耳飾りの少女」のデジタルコピー版の複写が4万円で販売されているのを見て、ぼろい商売だなぁと感心しました。
コピー機で作った紙切れが4万円ですか・・・。4万円を払うぐらいなら、何度も通って本物を見た方がいいんじゃないかなーっと思います。

神戸市立博物館での特別展示は2012年9月29日~2013年1月6日までです。
気になる方はお早めにどうぞー。

フェルメールへの招待 フェルメールへの招待
朝日新聞出版

朝日新聞出版 2012-02-24
売り上げランキング : 84867

Amazonで詳しく見る by G-Tools

映画

映画「のぼうの城」を見てきた

1352866374356.jpg1352866348397.jpg
映画「のぼうの城」を見てきました。
ミント神戸にて大学生1,500円です。


武蔵国忍城を舞台に、豊臣秀吉方2万人の大軍と「のぼう様(でくのぼう)」と領民から慕われる城代・成田長親が500人の兵で対抗するお話です。

時代劇の映画ながら、笑い中心で非常に面白いです。
特にのぼう様の野村萬斎が非常にいい演技をしています。うつけとして能をまったり、戦中に緊張している場面などが印象的。
映像としては、水攻めはVFXが今一で方向があってなかったり、ぐっさんが戦国無双してたり、首を傾げる場面はありましたがおおよそ問題なしです。

テンポよく進み、ラストも爽やかです。
原作は小説らしいので、原作の方も気になってしまう映画でした。
小説を読んでから

のぼうの城 上 (小学館文庫) のぼうの城 上 (小学館文庫)
和田 竜

小学館 2010-10-06
売り上げランキング : 54

Amazonで詳しく見る by G-Tools

家電

電子書籍端末「kobo touch」を購入しました

某所にて、ヤフオクにkobo touchが大量に出回っているとの情報が。
どうやら一部の楽天プレミアムカード会員向けにkobo Touchを送り付けたため、不要だと思った人たちがヤフオクで捌いてるらしい・・・。

1352676263347.jpg1352676276942.jpg1352676347912.jpg
そんなわけで、電子書籍リーダーkobo touchを購入してみたー。
Yahoo!オークションにて、新品未開封が3,101円です。

1352676393576.jpg1352676486083.jpg1352676511227.jpg
PCとの接続・充電はmicroUSBを使用するようです。裏面はひし形のような形で、手になじむようなデザイン。電源は右上でした。

1352676530586.jpg1352676545991.jpg1352676587800.jpg
まず電源を入れると、言語の選択メニューが表示されます。
日本語を選択するとPC経由かWiFi経由でアカウントと結び付けて完了。
電源を落とすと、わかりやすく表示されました。

Webで調べてみると、kobo touchを分解して元のSDを載せ替えたり、Linuxマシン化して遊んだりと、いろいろと楽しめそうです。
今が安いので、気になる方はヤフオクでゲットしてしまいましょう!