映画「きいろいゾウ」を見てきました

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る

1359853852319.jpg1359853875974.jpg
映画きいろいゾウを見てきたー。神戸国際松竹で、前売り券1,300円です。
宮崎あおいがツマとして、向井理がムコとして出演しています。


お話としては、いろんなものの声が聞こえるツマと、小説家で介護助手をしているムコが、ムコの実家である田舎で暮らすという感じです。
ツマは小学生のころ心臓が悪くて入院していたのをムコに言ってなかったり、ムコは幼いころに親戚の女性が亡くなったときのトラウマがあり、その女性と似た人に過去引かれた経緯があったりして、届いた手紙を期に少しずつすれ違っていく感じのラブストーリーでした。
最後は、ムコさんが過去の女性との関係を完全に断ち切って、元通りという感じです。

この映画の見所は、宮崎あおい(ツマ)と向井理(ムコさん)のペッティング風の場面ですかねー。
当然ながら夫婦の話なので、セックスシーンが2度ほど訪れます。私は宮崎あおいを特に押しているわけではないんですが、そのシーンを見ると「くそっ!これだからイケメンは!」っと毒づかずにはいられませんでした。(笑)

あと、ムコさんが東京に行くときに、ツマがムコの手をコップや茶碗でたたくシーンはすごく痛かったです。しばらくそのシーンが続くので、あそこは恐怖を感じるかも。

食事の風景はなかなか良い感じで、食べているものもおいしそうに感じました。
ただし、冷奴にミロはないですよねー。

全体的に起承転結はそれほどなく、ストーリーはゆっくりと進んでいきます。がつがつした話が好きな人は、たぶん耐えられないレベルなので見ない方がよいかもしれません。

きいろいゾウ (小学館文庫) きいろいゾウ (小学館文庫)
西 加奈子

小学館 2008-03-06
売り上げランキング : 11

Amazonで詳しく見る by G-Tools

信長は俺の嫁。 オンラインゲーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。