映画「リンカーン」を見てみた


DSC_0956.jpgDSC_0954.jpg
映画「リンカーン」を見てきました。
ミント神戸にて大学生1,500円です。

スティーヴン・スピルバーグ監督が、アメリカ第16代大統領リンカーンの奴隷解放を描いた作品です。
内容としては、リンカーンが奴隷解放の憲法を通そうとするも議会の可決をえれないため、水面下で敵対する党の人に接触したり、今期で議員ではなくなる人に次の仕事を斡旋したりすることで賛成を取り付け、時間稼ぎのために南北戦争の使者をあえて遠ざけ、かつ南北戦争で勝利してクライマックスという感じでした。

感想として、リンカーンって暗殺で亡くなったんですね。ケネディーが暗殺されたのは知ってましたが、リンカーンもだったなんてアメリカ社会の怖い部分だなぁと思いました。
全体的に硬いお話なので、お子様は退屈だろうし、大人でも息苦しさを感じるかもしれません。
ただ映像はきれいだし、登場人物はとても魅力的でした。

リンカーン(上) - 大統領選 (中公文庫) リンカーン(上) – 大統領選 (中公文庫)
ドリス・カーンズ・グッドウィン 平岡 緑

中央公論新社 2013-02-23
売り上げランキング : 107284

Amazonで詳しく見る by G-Tools

信長は俺の嫁。 オンラインゲーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。