Category Archives: 映画

映画

映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」を見てきました

DSC_2029.jpgDSC_2027.jpg
レオナルド・ディカプリオが主演の「ウルフ・オブ・ウォールストリート」を見てきました。
福利厚生を使用して、大人1,300円です。

ジョーダン・ベルフォートの「ウォール街狂乱日記 – 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生」が原作らしく、ストーリーは事実に基づく物語らしいです。

ストーリー的には、主人公が就職した証券会社の破たん後、株の違法取引をする会社でノウハウを学び独立で成り上がり、それによりFBIに起訴されてしまい立場を失うという感じです。

全体的の感想としては、上映が3時間もあるためちょっぴり中だるみがあります。あと、ストーリーが最後まで語られない感じで、叔母さんが亡くなった後にスイスの隠し口座の預金は結局どうなったのかとかが気になりました。そのあたりは原作を読めってことですかね。

私的にはかなり楽しめた映画でしたが、映画館周りでの雰囲気を見る限り、株やお金に興味がない人にとっては微妙な感じだったようです。隣に座っていた外国人の方は、ゲイのシーンで結構受けていたので、日本人にはわからない笑いのツボが隠れているのかも。

SEXやドラッグ場面がたくさんあるため、R18指定も納得です!(笑)
オッパイがいっぱいの映画ですよ。

ウルフ・オブ・ウォールストリート 上 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) ウルフ・オブ・ウォールストリート 上 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
ジョーダン・ベルフォート 酒井泰介

早川書房 2013-11-08
売り上げランキング : 634

Amazonで詳しく見る by G-Tools

映画

映画「トリック劇場版 ラストステージ」を見てきました

DSC_2000.jpgDSC_1997.jpg
仲間由紀恵と阿部寛が繰り広げるギャグドラマの映画版です。
そんなわけで、映画「トリック劇場版 ラストステージ」を見てきました。
福利厚生を使用して大人1,300円でした。


今回は、貿易会社社員についれられマレーシアの秘境に行き、レアアース採掘の交渉を行うというものでした。現地で呪術を信仰する元民がレアアース採掘のための立ち退きに応じず、呪術師のトリックを見破れば報酬がもれえる契約。自称天才マジシャンの奈緒子とともにマレーシアに行くが、貿易会社社員が悪いやつだったという感じでした。

山田が似ている仲間由紀恵とか、タイタニック、ムッシュム・ラー村に村上商事など、いろいろネタが盛りだくさんの内容です。気を抜いてると見落としてしまうレベル。
ちょっとくどいレベルですが、お決まりのパターンで進んでいきます。

エンディングでは第1話のトリックを行うという、ファンにはたまらない感じでした。TRICK好きなら見に行くべき映画です。

トリック-劇場版- [Blu-ray] トリック-劇場版- [Blu-ray]

東宝 2013-12-20
売り上げランキング : 10138

Amazonで詳しく見る by G-Tools

映画

映画「攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain」を見てきた

DSC_1381.jpgDSC_1383.jpg
映画攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Painを見てきた。
TOHO梅田にて一般1,200円です。

行くまで知らなかったんですが、この映画って全4話シリーズの1作目なんですね。
一緒に行った女の子のほうがそういった情報を知っていてショック。
多にもメインキャストが総入れ替えなっていたり、いろいろ変わっているようです。


お話としては、まだ公安9課が設立される前の、素子主体のお話です。
自分の所属する大佐を何者かに殺害され、それを調査するもその時点で自分自身がウイルスに感染。常に敵にハックされながら敵の操作を行っていることに気づき、敵をおびき寄せてみると自分の部隊の仲間だったという感じでした。

全体的な設定は引き継ぎつつ、新たなストーリーという感じでした。
タチコマっぽいロジコマという大きな機械がいいかんです。
また次が公開されたら見に行こうと思います。

攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 1 [Blu-ray] 攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 1 [Blu-ray]

バンダイビジュアル 2013-07-26
売り上げランキング : 1199

Amazonで詳しく見る by G-Tools

映画

映画「リンカーン」を見てみた

DSC_0956.jpgDSC_0954.jpg
映画「リンカーン」を見てきました。
ミント神戸にて大学生1,500円です。

スティーヴン・スピルバーグ監督が、アメリカ第16代大統領リンカーンの奴隷解放を描いた作品です。
内容としては、リンカーンが奴隷解放の憲法を通そうとするも議会の可決をえれないため、水面下で敵対する党の人に接触したり、今期で議員ではなくなる人に次の仕事を斡旋したりすることで賛成を取り付け、時間稼ぎのために南北戦争の使者をあえて遠ざけ、かつ南北戦争で勝利してクライマックスという感じでした。

感想として、リンカーンって暗殺で亡くなったんですね。ケネディーが暗殺されたのは知ってましたが、リンカーンもだったなんてアメリカ社会の怖い部分だなぁと思いました。
全体的に硬いお話なので、お子様は退屈だろうし、大人でも息苦しさを感じるかもしれません。
ただ映像はきれいだし、登場人物はとても魅力的でした。

リンカーン(上) - 大統領選 (中公文庫) リンカーン(上) – 大統領選 (中公文庫)
ドリス・カーンズ・グッドウィン 平岡 緑

中央公論新社 2013-02-23
売り上げランキング : 107284

Amazonで詳しく見る by G-Tools